人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都の中華料理

京都の中華料理_f0378589_07334683.jpg
先週、京都ひとり旅の最中に友人から連絡があり、「京都の中華料理は独特らしいから食べてみたら」と言う。

旅に行く前にも「わたしの京都観光36時間ツアー」というガイドブックを読んでいたら中華料理を食べる人がちらほらといた。

「京都で中華料理」というのはどこかしら違和感があるが、故に興味も湧く。

友人の話によると「舞妓さんなども抵抗なく食べられるようにニンニクを使わなかったり、和風出汁をスープに使ったり、とにかくさっぱりしているらしい」そうだ。

だが、まさに36時間という短い旅の中で行くところは限られている。

2日目の昼時に祇園を訪れ、翠雲苑という中華料理店に入ろうとしたが、満席だった。

心残りだったが、今回は諦めて帰ってきた。

すると、「京都の中華」という本を発見。著者は姜尚美さん。料理関係のエッセイストだ。平松洋子さんとの共著「遺したい味」が面白かったので、さらに興味を持った。

さっそく読んでみるとなんと面白い。

京都の主要な中華料理店の紹介はもとより、歴史や蘊蓄もたっぷり。

友人が言っていたように祇園の舞妓さんがおちょぼ口でも食べられるように大きさや味を工夫したり、保守的な嗜好の京都人にも合うように和風の味つけに傾けたりといろいろな工夫があるようだ。

古くは隠元禅師が伝えた中国風精進料理「普茶料理」にもルーツがあるとか。また、長崎から伝わった和風中華の卓袱料理にもつながっているらしい。

先日、にしんそばを食べた上七軒の「ふた葉」にも「しっぽくうどん」があった。大いに迷ってにしんそばを食べたが、あの「しっぽくうどん」も次回は食べてみたいな。


Commented by マックりん at 2021-12-07 16:21 x
小春さん 中華料理の記事に興味をひかれ、二度目のコメント失礼します^ ^ 随分前になりますが、雰囲気,お味共素晴らしい老舗中華料理店が次々に閉店して、寂しく感じています。 あちこち行ってますが、まだお気に入り店には出会えていません。 本で探すのがいいのかも知れませんねー♪
Commented by koharu50 at 2021-12-08 06:08
> マックりんさん
この本には比較的美味しそうな中華料理店が出ています。
老舗のお店が閉店していることも書いてありました。
「鳳舞」というインテリアも素晴らしい料理店があったようですね。昔の映画やロックグループのビデオにこの店が登場していて、わざわざ探して見てしまいました。
by koharu50 | 2021-12-06 08:00 | 食べ歩き | Comments(2)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春