人気ブログランキング | 話題のタグを見る

限りない自由、限りない孤独

限りない自由、限りない孤独_f0378589_22453818.jpeg
月曜日、テレビをつけると「徹子の部屋」をやっていて、ゲストに女優の樫山文枝さんが出ていた。

懐かしいなあと思って少しだけみていると、樫山さんが徹子さんに昨年12月に亡くなったご主人の話をしていた。

ご主人とは俳優の綿引勝彦さん。同じ劇団「民芸」の所属で、いわば職場結婚のようなものだったそうだ。

その綿引さんが癌に冒されていることが分かったのが2018年の8月。2年間の闘病生活の間に映画に5本も出演。周囲には病気を明かさずに頑張ったそうだ。

「なんだ、うちと同じじゃん」とつい引き込まれる。

病気を持ちながら2人で旅行を楽しんでいる写真なども公開されて、身につまされた。

話の中で樫山さんが、ご主人が亡くなってからは「限りない自由と限りない孤独」に驚くことがあるとおっしゃっていた。



実は私もそうだ。

どこへ行っても何をしても何も言われない。帰りの時間を気にしなくていい。

これまで一人暮らしの経験がない私はものすごく解放された気持ちになることがある。

その一方で、帰っても誰もいない寂しさ、日常のくだらないことを笑い合える人がいないことなどにぞっとすることもなくはない。


私の前に一本の道があり、右は孤独の森、左は自由の野原といった感じなのだ。

ただ、私が孤独の森に入る時間は非常に少ない。本を読む時と考え事をする時くらいか。森の入り口にあるベンチに短時間だけ座る。


多くの時間は左側の野原を歩いたり走ったりする。

そこにはこれからやりたいことがたくさんあり、友達もたくさん。美味しいものもたくさんある。

これからも自由の野原を開拓したいな。

by koharu50 | 2021-11-10 08:00 | 今年の出来事 | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春