人気ブログランキング | 話題のタグを見る

旅の途中に読んだ面白い本

旅の途中に読んだ面白い本_f0378589_07324335.jpg
先週の土曜日に無事帰京しました。

旅の終わりに行った奥尻島は何もないところ。ただ、夏のシーズン中はウニや鮑が美味しいグルメ島だそうです。

その楽しみは享受できませんでしたが、これまで出かけた他の離島にはない「霊気」がこの島にはありました。

写真上は「球鳥山」という山の頂上から見た景色。

旅の途中に読んだ面白い本_f0378589_07363842.jpg
宮津弁天宮。

階段を降り登りして160段。岩の上に建つ神社。ここにもミステリアスな雰囲気がありました。

階段、一生懸命登り降りしましたよ。息が切れました。

旅の途中に読んだ面白い本_f0378589_07392946.jpg
奥尻空港。本当に何もないです。

日本にもいろいろな場所がある。特に北の離島を体験したことは思い出に残りました。今回遠いので諦めた利尻島や礼文島にも行ってみたくなりました。

旅の途中に読んだ面白い本_f0378589_07435973.jpg
そんな旅の間に読んだ水上勉の「飢餓海峡」がとても面白かった。

最近は寝る間も惜しんで読む本、見る映画にお目にかかっていないのですが、この本はあまりに面白すぎます。

これまで、何度も見かけた有名な小説ですが、暗いイメージを嫌って手に取ることはありませんでした。

確かに暗いお話です。

北海道、青森、東京、舞鶴と話が展開していきますが、景色も暗いんです。でも、情緒があります。昭和の匂いがします。

そして何よりも「次はどうなるの?」とページを捲るのももどかしい謎解きストーリー。

今更ではありますが、この作家の作品をもっと読んでみたくなりました。

今回も林真理子さんのYoutube 「マリコ書房」で知った本です。








Commented by bondgirl333 at 2021-10-11 21:46
こんばんは^_^
小説は読んでないのですが、三國さんと左幸子さんの映画は観ました。
左幸子さんの役が悲しすぎて辛かったです。
純粋で人が良くて、娼婦役ですが明るくて汚れない雰囲気でした。
東北から上京して健気に生きていたのに。
健気過ぎて、人の暗い陰に気付かない。

小説を読むには覚悟がいりそうです。
Commented by koharu50 at 2021-10-12 07:02
> アッコさん
私は逆に本を読んで映画をぜひ見たいと思いました。
小説おすすめです。長いですが、面白すぎてあっという間に読めます。
by koharu50 | 2021-10-11 08:00 | | Comments(2)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春