人気ブログランキング | 話題のタグを見る

さて、お墓をどうしましょうか

さて、お墓をどうしましょうか_f0378589_22461275.jpeg
主人が亡くなってからそろそろ1ヶ月になる。

私の家にも彼の家にもお墓はあるが、以前からそこではなくて、2人だけの埋葬場所を考えていた。

この件について2人で真剣に話し合ったことはないが、雑談的に話していたのが納骨堂への安置。いわゆるお墓のマンション的な施設で、一般的なお墓よりは管理も楽だし、たとえ、子孫が途絶えても墓仕舞いなどの後始末もいらない。

昨日はそんな一軒を見学に行ってみた。

JRの駅から徒歩5分。商店街から少し入った住宅街にある納骨堂はまだ新しく、チリひとつ落ちていない清潔な場所だった。

ロビーもホテルのように明るくモダン。職員の応対も申し分ない。

出入りはカードキイで行い、お参りの時には自動的にお骨が運ばれてくる仕組みだ。

棚に沢山の骨箱が並んでいるイメージを持っていたので、これは意外だった。

お盆やお彼岸の混雑時を除いて、普段ならほとんど人に会わずにゆっくりお参りができそうだ。

永代供養を旨としているので、子供など子孫が居なくなっても、建物の別の箇所に合祀され、無縁仏になることもないという。

郊外にある両家の墓と異なり、自宅から近いのでいつでもお参りに行ける。それも魅力の一つだ。

ただ、費用は決して安くないこともあり、そう簡単に決断できるものでもない。

それに、あまりに管理が良すぎて、一般のお墓と比較して、どこか無味乾燥とした雰囲気もある。

いずれにせよ、お骨はどこかに埋葬しなくてはならない。

同じような納骨堂をもう少し見学してみようと思う。


by koharu50 | 2021-05-19 08:00 | 大切なもの | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春