人気ブログランキング | 話題のタグを見る

遅咲きのジュエリーデザイナー

遅咲きのジュエリーデザイナー_f0378589_21255649.jpg
久しぶりに銀座に出ました。

アルマーニのウインドウに飾られたモノクロの服がとてもシックで素敵でした。

遅咲きのジュエリーデザイナー_f0378589_21271647.jpg
でも、お邪魔したのはアルマーニではなくてこちら。


ジュエリー作家の鳴海多恵子さんの個展です。

鳴海さんの作品は素材はシルバーが多く、とても夢のあるもの。

遅咲きのジュエリーデザイナー_f0378589_21481618.jpg
今回は白を基調にした展示室に32点のブローチと13点のネックレス。それに若干のリングやピアスが展示してあります。

前回、鳴海さんの展覧会に伺った時はテーマがローリングストーンズ。曲名が彫られたジュエリーが展示され、私もネックレスを買いました。今でも大事に使っています。


遅咲きのジュエリーデザイナー_f0378589_22004765.jpg
今回の作品展のテーマは「日常から連想したもの」。

たとえば、上のブローチはお散歩の途中に東京都の銀杏のマークを見て閃いた形とか。

遅咲きのジュエリーデザイナー_f0378589_22034282.jpg
これはなんだろう⁇ 蕪かしら・・・

遅咲きのジュエリーデザイナー_f0378589_22053548.jpg
こちらはリングとピアス。大きめのシルバーリングが素敵でした。

遅咲きのジュエリーデザイナー_f0378589_22065270.jpg
このブレスレットはスペインのデザイナーの声掛けで作られたブレスレットのデザイン集に採用されたもの。

シルバーとゴールドのオリジナリティのあるデザインでした。

遅咲きのジュエリーデザイナー_f0378589_22091400.jpg
鳴海さんが本格的にジュエリーデザインの仕事を始めたのは40代後半だったとか。

それまではオルガン奏者をしたり、イベント会社に勤務。ジュエリーデザインはあくまでも趣味だったそうです。

ところが、知人が鳴海さんデザインのネックレスを会社にしていったところ、ジュエリー部門のスタッフの目に留まり、プロとしてデビューすることに。

「好きなことを続けていたら仕事になった」と鳴海さんは言います。

50歳近くのデザイナーデビューは決して早くはありませんが、継続は力。

好きなことを仕事にすることをいくつになっても諦めてはいけないと感じました。

そうそう、作品展は今日までです。お時間のある方はぜひお出かけ下さい。

鳴海多恵子ジュエリー展

日時 2021年2月22日(月)- 2月27日(土)
AM 11:30 ~ PM 6:30(最終日はPM 5:00 まで)

AC gallery
東京都中央区銀座5-5-9 阿部ビル4F

地下鉄「銀座駅」B3 – B5 出口 徒歩2分



by koharu50 | 2021-02-27 08:00 | 誰かの素敵な冒険 | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春