人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「私たちはこんな服を着てきた」

「私たちはこんな服を着てきた」_f0378589_13581987.jpg
Kindle読み放題で見つけたこんな本。

同世代のモデル、久保京子さんが書いた。

本のオビにある「そうそう!こんなの着てたわね」「そうだわ、この手もありね!」というセリフがぴったりの本である。

私達の世代が子供の頃から、つい最近までのファッションの移り変わりがわかり、あれこれと思い出して懐かしい。

スクリーンショットで少しだけさわりを。

「私たちはこんな服を着てきた」_f0378589_14032862.jpg
大学生の頃だった。ベルボトムのジーンズ。

やがてこれがサスーンなどのデザイナージーンズに変わる変遷も書かれている。

「私たちはこんな服を着てきた」_f0378589_14050377.jpg
若者の普段着だったTシャツ。ヘインズなどのオーソドックスな形から細身のお洒落なものも出てきた。

ロンドン生まれのBIBAのTシャツ。街でよく見かけた。

「私たちはこんな服を着てきた」_f0378589_14074628.jpg
ニュートラ、ハマトラ、紺ブレ…。それまでよりきれいめな格好が全盛となり、ジーンズ派の私もお仕事ではこんな格好をしていた。

そして、ハイブランドが台頭し、やがてバブルが弾け、ニュートラルでシンプルな服装が流行る。

そこから、ユニクロなどファストファッション全盛期へ。

ざっと本の流れを辿っただけだが、「懐かしい」と同時に戦後の日本の服装史の一部も把握できる。

Kindle読み放題になければ読まなかった本だが、期待以上に面白かった。

Commented by cenepaseri at 2021-01-20 09:18
少し若い方なのですね、懐かしく読ませていただきました。
この頃なら鈴屋のシャツはYちゃんと、ベルボトムはMちゃんが企画したと思います。
私はロペのお姉さんブランドの水玉ジャケットを着ていました。名前が思い出せません。
みんな他社の服を着て、自社のはセールだけ…
Commented by koharu50 at 2021-01-21 00:17
> パセリさん
コメントありがとうございます。
パセリさんはお洋服を作る側だったので、このような本を見るといろいろな思い出がおありでしょうね。
ロペのお姉さんブランドって何でしょうね。アダムエロペというのがありますが?
水玉ジャケット、私も見たことがあるような。
Commented by cenepaseri at 2021-01-21 11:13
思い出しましたJ&Rが出来立ての頃、
濃紺に白い仁丹玉で、メンズ仕立ての様なシャープさが良かった気がします。
初めてのパスポートはそれを着ていました。
Commented by koharu50 at 2021-01-22 12:03
> パセリさん
ああ、J&Rですね。私も思い出しました。そこの服が好きでした。
by koharu50 | 2021-01-20 08:00 | | Comments(4)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春