人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ストールのおしゃれ

ストールのおしゃれ_f0378589_00563925.jpg
「ストールの巻き方」なんていう本が巷に出回る昨今。

巻物が好きなので、この手の本は何冊か持っている。よく見てみると家にある本は「スカーフの巻き方」だった。

少し前まで巻物というと「スカーフ」で括られてきたものが多様化し、最近は「ストール」のほうが幅をきかせているのかもしれない。

ストールのおしゃれ_f0378589_01002586.jpg
お気に入りのストールといえば、ロキャロン(右)とPierre-Louis Mascia (右)のもの。

スコットランドの伝統的チェック柄ストールといえばジョンストンズが有名だ。私もブラックウィッチという柄を一枚待っている。でも、大きくて厚くて案外使いづらい。

ロキャロンは同じチェックでも、生地が薄くて巻きやすく使いやすい。

もう一枚のPierre-Louis Mascia についてはあまり詳しくないが、一枚のストールに色々な柄が組み込まれているのが面白い。結び方によって雰囲気が変わる。

ストールのおしゃれ_f0378589_01124297.jpg
madameH closet の2点右はシルクとカシミアのリバーシブル、左はカシミアだがグレーとピンクのリバーシブル。

この2点も顔映りが良く気に入っている。右のはスカーフを上品に使いたい時に最適だし、左のは暖かく、ピンクが差し色としてとても映える。

ストールのおしゃれ_f0378589_01163928.jpg
丹後縮緬の一点。だいぶ前にその地方にお住まいの方から頂いた。微妙な色合いと材質が気に入り、一時ヘビロテしていた。

昨年は一回も使わなかったが、嫌いになったわけではない。

まだ寒さを感じない今月とか、普通のストールでは暑さを感じる5月、6月頃に便利に使える。今年はまた使ってみよう。

冒頭の「ストールの巻き方」は80例もの巻き方が出ていてなかなか参考になる。

最近は素敵にスカーフやストールをあしらっている人が多い。私も楽しく頑張ろう。

by koharu50 | 2020-10-07 08:00 | スカーフ | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春