人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「育ちがいい人だけが知っていること」

「育ちがいい人だけが知っていること」_f0378589_23045240.jpg
「育ちがいい人だけが知っていること」(諏内えみ著 ダイアモンド社刊)

最近いろいろな書店でベストセラーの上位にノミネートされている本。

実はこの手の本はあまり読まないのだが、売れている理由を知りたくて買ってみる。

ふるまい、話しかた、見た目、暮らし、人間関係、贈り物・お招き、公共の場でのふるまい、食べ方、オケージョンの10章からなり、それぞれの章はさらに細目に分かれていて、項目ごとの文章は短くわかりやすい。

ざっと読んで、いわゆる社会のマナーや常識を身につけるには最適の本である。

若い人のみならずいくつになっても社会的にマナーや常識で案外知らないことはある。現にこの中には私の知らないこと、やっていないこともあり、「そうなのか」と驚いたり、反省もした。

著者の運営するマナー教室の生徒さんからは婚活成功者が続出。お受験の合格率と高いのだそうだ。

若い人がマナーや常識を学んで世の中が良くなるのは大いに賛成だ。

しかし・・と思う。

「育ちがいい」人はもちろんマナーや常識を身につけているが、それとは別にオーラがある。そのオーラは長年の環境で培われてきたものだから、そう簡単には真似できない。

本書に書かれているマナーや常識を心得ることが育ちのいい人に見られることとは違う。

その辺を心得て読み、常識に囚われず、生まれや育ちには関係なく、自分の世界を築くことも大事と考える。

Commented by bondgirl333 at 2020-09-29 14:07
同意ではあります。マナーやエチケットは大事です。
人への思いやりがなく、選民主義みたいなマナーは怖いですね。
自分を律することが大切かなあと実感しています^_^
Commented by koharu50 at 2020-09-29 14:59
> bondgirl333さん
アッコさん、コメントありがとうございます。
人への思いやりが感じられないのは一番嫌なことですね。そのためにマナーもエチケットもあるのではないでしょうか。

自分を律すること、常に忘れずにいたいです。
by koharu50 | 2020-09-29 08:00 | | Comments(2)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春