人気ブログランキング | 話題のタグを見る

本当は今週行くはずだったアメリカ

本当は今週行くはずだったアメリカ_f0378589_22182770.jpg
地図で有名な昭文社が出版したアメリカの本。

大統領選で今後は注目されるであろうアメリカ。地図からアメリカを知ってみるのも面白い。

2000年から仕事で毎年のようにアメリカに行った。それもロスやニューヨークといったメジャーな都市ばかりではなく、テキサス州のオースティンとか、ネブラスカ州のリンカーン、アラバマ州のバーミンガム、ミシガン州のフランケンムースなど日本ではあまり知られていない街ばかりだった。

おかげで日本人にしてはアメリカの地理は知っている方だと思うが、それでもこの本を読んでみると知らないところばかりだった。

アメリカは州ごとに法律も税率も異なる。いわば独立国家が50国近く集まったような国だ。

各州の簡単な説明を読んでいるだけでもアメリカに対する興味は広がる。

知識として読んでおいていい本である。


そういえば、本当はこの週末から10日間の予定でフロリダに行くはずだった。フロリダにはまだ行っていないので楽しみだったのだが、あーあ、コロナのせいでしばらくはおあずけ。

次にアメリカに行けるのはいつになるのだろか。

できれば来年には行きたい。

本当は今週行くはずだったアメリカ_f0378589_23050109.jpg
ドイツ移民の街、ミシガン州フランケンムス

本当は今週行くはずだったアメリカ_f0378589_23380401.jpg
ネブラスカ州リンカーン




Commented by Diary-17 at 2020-09-17 09:39
テキサス州の州都はオースティンですよね。
私でさえ知っているので(行ったことはありませんがテキサスの人達は数人知り合いがいました)メジャーで無い町とテキサスの人が聞いたらガッカリしそうですネ。笑
Commented by NT-patientless at 2020-09-17 12:39
「アメリカは州ごとに法律も税率も異なる」し
今でも禁酒法が継続されてる州とか郡が結構ありますやんね?
NT一番ビックリしたんが、ウイスキーで有名な『ジャックダニエル』
本社があるテネシー州ムーア郡は禁酒法が制定されててお酒の販売は禁止
そやし蒸留所の見学ツアーでも試飲が出来ひんそうだすわ
(例外として蒸溜所の売店での観光客向け少量販売だけは認められてるとの事)

州・郡を渡って隣の州に入ってしもたらお酒全然OK!やったりするんで
昔の禁酒法みたいな厳格さは無いんやろけど
何んかなぁ🙄って思わせる法律ではあるかな
Commented by koharu50 at 2020-09-17 14:05
> Diaryさん
確かに、テキサスの方をがっかりさせるかも知れませんが・・。
オースティンは州都ですがこじんまりした落ち着いた街でした。比べてダラスはよく知られた大きな街でした。
ダイアリーさんは国際派でいらっしゃるからオースティンをご存知と思いますが、日本人の多くは知らないと思います。そんな意味でマイナーかなと感じました。
Commented by koharu50 at 2020-09-17 17:37
> NTさん
あら、お久しぶりですね。たまにインスタで食パンアート見ています。

ほおーっ、ジャックダニエルの本社がある場所で禁酒法があるとは、ジョークみたいですね。工場見学に行っても試飲ができないなんて、なんかなあという感じです。
消費税にしても高い州と全然取らない州があったりして不思議なところです。
コロナ対策なんかもきっと州によって違うのでしょうね。フロリダなんかは厳しくてゴルフ大会が禁止されたとアメリカの友人から連絡がありました。
by koharu50 | 2020-09-17 08:00 | | Comments(4)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春