人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「ダウントンアビー」の舞台になった古城

「ダウントンアビー」の舞台になった古城_f0378589_00220955.jpg
ドラマ「ダウントンアビー」をお好きな方は多いはず。

私も大好きでドラマを堪能した後に映画も見に行きました。

「ダウントンアビー」の舞台になったハイクレア城。

全く知らなかったのですが、ここに実際にお住まいになっている伯爵と伯爵夫人がいらっしゃるんですね。

この本はそのカナーヴォン伯爵夫人、レディ・フィオーナを取材した本。

あのドラマの舞台になったダイニングルーム、ライブラリー、ステートサロン、ローズガーデンなどが綺麗な写真で見られる他、ディナー、アフタヌーンティ、ピクニックなどカナーヴォン伯爵家の生活も垣間見られます。

カナーヴォン伯爵の名付け親はなんとエリザベス女王。女王がハイクレア城を訪ねられたこともあったようです。

イギリスの貴族の館やアフタヌーンティなど庶民には縁のないように思えますが、特にアフタヌーンティのお菓子やスコーンなどがとても美味しそうで真似してみたくなりました。一部のお菓子のレシピも掲載されています。

イギリスの古城には興味があって、一度古城巡りなどしたいなあと思っていますが、さて、いつになりますやら。

蛇足ながら、本書を買いたいと思ってAmazonで探したところ、定価は1500円なのに送料が3000円とかでびっくり。Amazonにあるものは海外発送なのだそうです。日本語の本なのに⁇

いろいろ探したらヨドバシカメラで定価で本を売っていました。

この本を買う方は高いものをつかまされないように注意です。

Commented by Diary-17 at 2020-08-28 17:07
この映画もシリーズも見た事がありませんが、とても人気高い様ですね。
出版、良い所に目を向けましたね。日本では女性層に売れるでしょう。

タイプも時代も違うけれど、イシグロ氏の邦題「日の名残り」に表されている当時の貴族に使えるバトラーを通しての物語が印象深かったです。
Commented by koharu50 at 2020-08-28 18:22
> Diaryさん
コメントありがとうございます。
「ダウントンアビー」はなかなか面白いですよ。機会があればぜひ。

この本を読んでいたらなんとなくダイアリーさんのことを思い出しました。ロンドンの古城とは違うでしょうがブログ掲載のお写真がこの本の中にある景色と似ています。
Commented by koharu50 at 2020-08-28 18:24
> Diaryさん
追伸です。
私も「日々の名残り」を映画で見ました。原作も持っています。好きなストーリーでした。
Commented at 2020-08-28 21:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koharu50 at 2020-08-28 23:13
> 鍵コメさん
なるほど興味あるお話です。
蚊が多いのはちょっと困りますが(笑)。
Commented by Grace-K52 at 2020-08-29 08:52
こんにちは。
私もダウントンアビー、大好き。
ダウントンアビーの料理本(こちらも高くて4000円超え)を買おうか悩んでいたところ、こちらの本の情報を見て、ヨドバシで買おうと思ったら、もう販売休止。残念だわー。
今度お目にかかるとき、ちょこっと見せてくださいな。
Commented by koharu50 at 2020-08-29 23:45
> Graceさん
あら、ヨドバシは販売休止でしたか。残念です。
もちろん次回お会いする時に持っていきます。
by koharu50 | 2020-08-28 08:00 | | Comments(7)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春