人気ブログランキング | 話題のタグを見る

村上春樹6年ぶりの短編集

村上春樹6年ぶりの短編集_f0378589_14295698.jpg
村上春樹の短編小説集が刊行された。

短編小説集は6年ぶりとか。文学界のポジティブなニュースとしてもあちこちで取り上げられている。

少し前に自伝的短編「猫を棄てる」を読んだ。面白さはまあまあだった。

その前に手をつけた長編「騎士団長殺し」は途中でギブアップ。村上ファンには怒られそうだが、とてもじゃないけど読めなかった。

別に村上春樹の作品に飛びつかなくてもいいじゃんと思う反面、やっぱり読みたくなってしまうのだ。村上春樹の小説は同世代の私の青春の断片なのである。

短編ならたとえ面白くなくても何とか読めるだらうという甘い予測もあった。

その予測通り何とか全編を読破。

短編のタイトルだけを紹介すると、

石のまくらに
クリーム
チャーリー・パーカー・ブレイズ・ボサノヴァ
ウィズ・ザ・ビートルズ
「ヤクルト・スワローズ詩集」
謝肉祭(Carnaval)
品川猿の告白
一人称単数

面白いものもあればよくわからないものもあった。

私が好きなのは、

石のまくらに
ウィズ・ザ・ビートルズ
謝肉祭(Carnaval)
品川猿の告白

本のタイトルにもなっている「一人称単数」は嫌いじゃないが、よくわからなかった。何度か繰り返し読んでみたが、未だよくわからず。これこそ村上ワールドなのかも。

まあ、「猫を棄てる」は好き嫌いもあるだろうし、評価も分かれる作品だ。

それよりもこの短編集のほうが手短に村上ワールドが感じられるかもしれない。




by koharu50 | 2020-07-22 08:00 | | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春