人気ブログランキング | 話題のタグを見る

永遠の白スニーカー

永遠の白スニーカー_f0378589_22562986.jpg
雑誌「Precious」6月号では「大人の流儀で履きこなす白スニーカースタイル最新版」の特集が組まれていた。

白スニーカー大好き族なのでついつい購入。

数年前から続いている大人女性のスニーカーブーム。まだ、衰えていないようで一安心だ。

しかし、読んでみると、ムムム、ハイブランドのお高いスニーカーばかりが紹介されていた。

上の写真は右からフェラガモ、セルジオ・ロッシ、ロジェヴィヴィエ、バレンチノ。フェラガモのはシンプルで素敵だが定価72,000円也。ロジェヴィヴィエに至っては103,000円也。

本当に気に入ったハイブランドのパンプスやブーツであれば、一生懸命貯金して買うかもしれない。でも、スニーカーにはそんなにお金はかけられない。

特に白スニーカーは少しへたってくると貧乏くさくなる。毎年アップデートするくらいの心意気でいなければならないから、高くても3万円くらいまでと決めている。

実際、白ではないけれど、ステラマッカートニーのダッドスニーカーを大枚をはたいて買ったことがある。好きな靴だが、さて、それだけの価値があるかなと考えると、答えはノーだ。

その時の記事はこちら

永遠の白スニーカー_f0378589_23141401.jpg
私が愛用している白スニーカーはコントワーデコトニエ(上段)とアディダスのスタンスミス(下段)。

コトニエのはシンプルで好きなデザインだが、歩きやすさの点からいうとスタンスミスが一番。これは2代目となる。

白ではないけれど、他にナイキのエアーマックスやコルテッツも持っている。履き心地は悪くないが、私には靴型が合わないようだ。

それにナイキによくあるデザイン過多(私にはそう見える)のスニーカーはどうも好きになれない。あの手のデザインはアスリートが履くとよく似合う。


いろいろ履いても戻ってくるのは白スニーカーである。

もし、次に買うとしたら興味があるのはこの二足。

永遠の白スニーカー_f0378589_23273368.jpg

スピングルのNIMA。

永遠の白スニーカー_f0378589_23281423.jpg

ゴールデングースのスターター。

スピングルは広島のゴムメーカーが作っているのスニーカー。パリコレにも登場して日本より海外で有名とか。この他にもカンガルー革やズックなどすてきな白スニーカーがある。

ゴールデングースはイタリアの職人が作るスニーカーで革質が良く、履き心地も抜群とか。

スピングルは17,000円だが、ゴールデングースは4万円くらい。少し予算オーバーだけれど、履いてみたいスニーカーだ。





Commented by pommemama at 2020-05-12 16:36
こんにちは!
過去の記事の赤いコートの小春さん♡
ステキ!!元気が出ます!
私も・・・若いころは「赤」似合っていたんだけどなぁ(¬_¬)。

白に限らず、スニーカーをおしゃれには着こなすのは、
私も永遠のテーマです・・・。
先日話題になったライダースジャケットに白のスニーカー!!
チャレンジする楽しみがどんどん増えます(๑˃̵ᴗ˂̵)!
Akiko
Commented by koharu50 at 2020-05-12 19:49
> Akikoさん
コメントありがとうございます。
ライダースも白スニーカーもきっとお似合いですよ。
何回も着て履いて、慣れること。自信を持って着ること履くこと。これにつきます。
ただ、自分の苦手なものや好きじゃないものは無理に身につけなくてもいいと思います。
好きなもの、心地よいものを着慣れることがマイスタイルを築くことになるのではないでしょうか。
Commented by bondgirl333 at 2020-05-12 20:27
私が白スニーカーを履くと体育の先生みたいかもしれません。
小春さんのオススメのスニーカー、スタイリストのリタさんもオススメしていたような?
気になります^_^
Commented by koharu50 at 2020-05-13 00:06
> アッコさん
大丈夫ですよ。スカートやワンピースがお得意ならパンツと合わせるよりそちらの方が合うかもしれません。要は履きなれです。
そうです。ゴールデングースはリタさんのオススメです。
by koharu50 | 2020-05-12 08:00 | | Comments(4)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春