人気ブログランキング |

東京はどうなるの?

東京はどうなるの?_f0378589_22224572.jpg
本当は今日から今年3回目の宮古島に行く予定でした。このピザを食べて、エメラルド色の海を見て、ゴルフをする。楽しい旅になる予定でした。

海辺のピザハウスについてはこちら

宮古島は空気もいいし、コロナウィルスの感染者もゼロだし、こんな時でも大丈夫かなあと思っていましたが、一昨日から小池百合子東京都知事が東京の感染者が増え、このままだと首都封鎖になるかもしれないと記者会見しているのを見て、潔くやめることにしました。

もし東京が封鎖され(十分ありうると思います)、帰れなくなったら大変です。仕事もできなくなりますし、滞在費も相当かかることになるでしょう。第一、いつ帰れるか分からないのでは精神的にもよくありません。また、どうしても行かなければならない旅ではないのですから、自粛という意味でも行かないにこしたことはありません。



昨日の知事の会見は「26日、27日は家で仕事をして夜間外出は避ける。週末は不要不急の外出は避ける」というものでした。

でもこれではすまないかもしれません。

日本人は国民性として、国の命令や判断に従う方だとは思います。清潔好きな国民でもありますし、握手やハグの習慣もなく、もともと人との距離は置いている方です。

けれど、戦う相手は目に見えないウィルス。いつ、どこに潜んでいるかわかりません。従順で清潔好きな日本人の国民性を持ってしても相当手強い相手です。

私もそんなふうにはなって欲しくはないですが、ある一定期間でも諸外国のように必要不可欠な施設や店以外はクローズにする。不要不急の外出は原則禁止。家族以外の人とは距離を置くくらいの措置がとられても仕方ないと思います。

もちろん、混乱や不況を招くことになるので容易にできることではありません。

しかし、一定期間のみんなの我慢で苦しむ人や死者を減らし、少しでも明かるい未来に近づけるなら、それも一つのチョイスだと思います。


実は今週初めにしばらく会っていなかった飲み友達と近所の居酒屋に行きました。

こんな時期だから空いているだろうと行ってみたところ、すごい混雑。若い人を中心に盛り上がっていました。

もともと換気のあまり良くないスペースです。お店の人が少し気を配って一時的にでもドアや窓を開ければ良いのですが、それもされていませんでした。店にこもる淀んだ空気と人々の熱気が肌で感じられるのです。何だか怖いので長居はしませんでした。

飲んで騒いでいる若い人たちを見ていると楽しそうです。若ければ私もコロナウィルスなど軽く見て行動するかもしれません。

しかし、若い人達の感染がお年寄りや持病のある弱者に感染るとウィルスは牙をむくことがあります。それが怖いです。

私が行った居酒屋の状況はそこだけではなく、東京にある無数の居酒屋が似たりよったりの状況だと推測します。

爆発的な感染はそういう場所からも。

東京が武漢やイタリア、スペイン、ニューヨークのようにならないようにするには一人一人がウィルスを広げないための意識を持ちたいですね。

by koharu50 | 2020-03-26 08:00 | 大切なもの | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春