人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「男と女 人生最良の日」

「男と女 人生最良の日」_f0378589_13295709.jpg
渋谷のル・シネマで「男と女 人生最良の日」を鑑賞。

土曜日の朝一の回は5分の1くらいのお客の入りか。総じてシニア層が多く、かなり高年齢。私でも若いほうかも。

大学生の時に見て、とても新鮮だったクロード・ルルーシュ監督の「男と女」。

今度の映画は同じアヌーク・エーメとジャンルイ・トランティニアンの主演。そりゃあ、見なきゃでしょう。

まず、びっくりしたのはアヌーク・エーメ。今年で御歳88歳だと思うが、若い。かつての華やかさがまだ残っている。

次にびっくりしたのがジャンルイ・トランティニアン。老けた・・・。

もっとも今年90歳というから仕方ないか。役柄のせいもあるし。

「男と女 人生最良の日」_f0378589_13401291.jpg
ストーリーは認知症を患うジャンルイ・トランティニアン扮する男が老人ホームに入り、アヌーク・エーメ扮する女が男の息子に請われて見舞いに訪れる。

かつての恋人とは気づかない男。しかし、「昔愛した人に似ている」と言う。男の記憶を取り戻させようとする女。

ドラマチックな出来事は何も起こらず、時々前作のシーンが重なる。

今もいいが、やはりアヌーク・エーメは若い時のほうがチャーミングだ。ジャンルイ・トランティニアンは全然若い時のほうがいい。

ストーリーが辛気臭い内容なので、昔のフィルムが流れるたびに「見に来なければよかった」と後悔した。これ本音。

しかし、最後に早朝のパリを車で疾走するシーンがあり、その後に「The Best Years of Life」という曲が流れる。

人は老いを受け入れなければならない。それも人生。C’est  la vie!

そう納得した映画だった。

Commented by grace_land at 2021-04-03 22:04
この映画は、キャストと予告編しか見てないけど、
男と女が素晴らしかっただけに、残念です。
Commented by koharu50 at 2021-04-03 22:39
> grace_landさん
その通りです。年をとるというのは誰もが平等であり仕方ないのですが、同じキャストで最近になって続編を作ったのは失敗だったと私は思いました。
by koharu50 | 2020-02-10 08:00 | 映画 | Comments(2)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春