人気ブログランキング | 話題のタグを見る

映画「ダウントンアビー」に感動

映画「ダウントンアビー」に感動_f0378589_00025731.jpg
映画「ダウントンアビー」を見に行った。

NHKで放映されていた時から毎週日曜日になると見ていた。最初は「英国の貴族の話なんて??」と乗り気ではなかったが、見始めるとぐんぐんと引き込まれた。貴族の館やファッションなども見どころのひとつ。

あまりの面白さにテレビ放映が終わってからもアマゾンプライムなどでリピート鑑賞していた。

映画はシリーズ6が終わってから2年後の物語。こりゃあ、見るっきゃない。

英国国王が屋敷を訪問することになり、グランサム伯爵家の人々も使用人も大騒ぎ。様々な出来事が起こる。

舞台となる貴族の館も出演者も映画と同じ。長女メアリーの次女イーディスの配偶者の顔だけは覚えていなかったが、懐かしい顔が並ぶ。

ストーリーはネタバレになるので詳しくは書かないが、想像以上に感動を呼ぶ終わり方。

命の限りを知った先代伯爵夫人のヴァイオレットが孫娘のメアリーに伯爵家と屋敷の未来を託すシーン。

メアリーとその子孫によってダウントンアビーがずっと守られていくであろう暗示がなされる。

「私が死んでもあなたの中に私は生きている」とメアリーに告げるヴァイオレット。

ダウントンアビーでなくても、ひとつのことが次世代に引き継がれ脈々と続いていく様は素晴らしい。

東京では2月6日までの上映の映画館が多いようだ。

時間が許せば、ぜひ見ておきたい一作。

Commented by Sumisuma at 2020-02-11 01:38 x
こはるさん、こんにちわ。

実は先日バルセロナ行きの飛行機の中でこの映画を見ました。
その後、帰宅してから順番が逆になってしまいましたが、アマゾンでシリーズを少しずつ見ているところです。
かなり時間がかかりそうですが、好きなドラマです。
Commented by koharu50 at 2020-02-13 22:02
> Sumisumaさん
コメントありがとうございます。お返事遅くなりました。

映画からダウントンアビーを見始める方もいらっしゃるのですね。
映画も良かったですが、テレビドラマの方はオリジナルなのでもっといいと思います。
全部見るのは時間かかりますが、それだけ楽しめるという意味でおすすめです。
by koharu50 | 2020-02-05 08:00 | 映画 | Comments(2)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春