人気ブログランキング |

ケイト・ブランシェットに魅せられる映画

ケイト・ブランシェットに魅せられる映画_f0378589_13445004.jpeg
アマゾンプライムで観た「ニュースの真相」は色々な意味で興味深い映画だった。

ストーリーはアメリカで起こった実話。

ブッシュ大統領の再選数ヶ月前にCBSが大統領が空軍在籍中に有利な扱いを受けていたという報道を人気番組「60 minutes II」で流した。

疑惑を追っていたのは辣腕女性プロデューサーのメアリー・メイプスとキャスターのダン・ラザーら。

証拠文書が出てきて報道に踏み切り全米で大変な反響を得た。しかし、放送後に文書が偽造だったのではないかという疑いが出る。

メアリーとダン達は様々な手法で文書が本物であることを証明しようとするが、証言者の証言撤回などがあり、証明に至らなかった。

高評価は逆転して視聴者からのブーイングに変わり調査がCBSに入る。結果、メアリーは解雇、ダンはキャスター降板となる。

ストーリーはメアリーか2005年に出版した「大統領の疑惑」という本をベースにしており、メアリー達が文書が本物であることを証明するために奔走する過程はリアリティがある。

最後の調査のシーンでメアリーが大勢の調査官を前に政治的偏向から報道に至ったのではないことや、証明はできなかったけれど文書の中味は事実であることを堂々と主張する姿が感動的。

報道の内容が真実であったかどうかは別にして、最後まで自分の報道の真実性を曲げない女性ジャーナリストの姿勢には襟を正させられた。

以前このブログでも紹介したメリル・ストリープ主演の「ペンタゴン・ペーパーズ」と似た清々しさがある。同時にアメリカのジャーナリズムの真骨頂を感じさせる。

我が国を卑下するわけではないが、日本ではこうは行くまいと思う。たとえ、メアリーのような報道プロデューサーが存在したとしても。

ケイト・ブランシェットに魅せられる映画_f0378589_13450112.jpg
@映画.com

メアリーを演じるケイト・ブランシェットとダンを演じるロバート・レッドフォードが秀逸。

ロバート・レッドフォード、あまりにも若い時とイメージがちがうので初めは気がつかないほどだった。でも、いい味を出している。

ケイト・ブランシェットは最高。演技もいいが、彼女らしいファッションで魅せられた。

いかにもキャリアウーマン風のスーツ姿は案外少なくて、局内で動きやすいカーディガンやセーター姿。それが渋くて素敵。

著作権があるので、写真はあまり掲載できないが、興味ある方は「ニュースの真相」の公式サイトを見て下さい。

by koharu50 | 2020-01-29 08:00 | 映画 | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春