人気ブログランキング |

伊藤若冲とプライスコレクション

伊藤若冲とプライスコレクション_f0378589_17204074.jpg
昨日の宮古島は小雨が降っていた。気温は東京に比べたらそりゃあ暖かいが、半袖の上にセーターやジャンバーを羽織ってちょうどいいくらい。約19度。

ゴルフはやめて朝は少しのんびりしてから街に出る。

伊良部島の海辺のピザハウス「BOTTA」に行ったが、なんと定休日だった。

ホテルに帰ってゆっくりと読書タイム。

伊藤若冲とプライスコレクション_f0378589_18055007.jpg
この本は先日、都立大学のユニークな古本屋でも見つけたもの。

2006年の夏、東京の国立博物館で開催された「プライスコレクション 若冲と江戸絵画」展のカタログである。

伊藤若冲については以前ダイアリーさんのブログで知り、その個性的で迫力ある絵に魅せられた。

西洋絵画は見ても日本絵画にはおよそ興味のなかった私(ムム、日本人なのにけしからん)をその世界の入り口まで連れて行ってくれたのが若冲だった。

本書には若冲だけではなく、円山応挙、歌川国貞、長沢芦雪など、いわゆる「江戸絵画」が掲載されている。

一番素晴らしかったのは若冲の鳥獣花木図屏風。写真が大きいのでここでは紹介できなきないが、白い象なとも描かれていてそれはそれはダイナミックだ。

伊藤若冲とプライスコレクション_f0378589_18191919.jpg
左の虎の絵も好き。

伊藤若冲とプライスコレクション_f0378589_20133577.jpg
見事な鶏の絵。

この本でもう一つ勉強になったのが、アメリカ人のジョー・プライスというコレクターのこと。

プライスはアメリカの富豪で日本絵画に興味を持ち、約600点の絵画をコレクションした。

そのうちの約200点をロサンゼルスの自宅に所有。後をアメリカの美術館に預けていた。

しかし、昨年、高齢を理由として、出光美術館に190点余りを売却した。

今年秋には出光美術館でプライスのコレクションだった日本絵画の展覧会が開かれる。

もちろん伊藤若冲の絵も展示される。楽しみ。

南の島では島時間で過ごせるので、こんな読書時間も作れる。

いくつになっても知的好奇心を持っていたいの思う島の生活。


by koharu50 | 2020-01-21 08:00 | 美しいもの

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春