人気ブログランキング | 話題のタグを見る

シルクの誘惑

シルクの誘惑_f0378589_20123971.jpg
ラルフローレンポロのシルクボータイブラウス。大好きなワードローブのひとつです。

ただ、今日の主題はこのブラウスではなく、シルクの下着のお話し。

シルクの誘惑_f0378589_20164824.jpg
覚えていらっしゃいますか?

年末にランズエンドでシルクのインナーを買いました。

その時の記事はこちら

お値段がリーズナブルだったので、多少薄手のシルクでしたが、現在ヘビロテで着ています。

それというのも軽くて薄くて動きやすい。でも、それなりに暖かい。

冬でも暖房の効いた室内で動くと汗をかくことがありますが、吸水性もある。

それに、特殊な事例ですが、暖かい南の島に行く時には寒い東京と暖かい宮古島のどちらでも通用する。

まるでカメレオンみたいな素材なんです。




シルクはもちろん大好きな素材です。

でも、シャツやブラウス、ワンピースなどがシルクだとそれなりに気を使います。特に白やオフホワイトは汚れるとクリーニングに出さなければなりませんし(もちろん自分で洗う手もありますが、やったことはありません)、気をつけていても衿もとなどから必ず黄ばんでしまい、断捨離となる例が多かった。

インナーならそんな心配もなく、ガンガン着て洗っています。

きっかけは去年の夏、たまたま通りかかったアウトドアファッションの「モンベル」でシルクのキャミソールを買ったことでした。

シルクの誘惑_f0378589_23254963.jpg
キャミソールでも5,000円超はして、買うときは随分迷いました。でも買って正解。暑い季節だけではなくて、今でも長袖のインナーの下に着ています。

長袖のシルクインナーもあるので、今度はそれを着てみるつもり。ランズエンドのものよりは品質は良いんじゃないかな?お値段も良いけれど・・・・。

ちなみに「モンベル」にはシルク以外にもいいインナーがあります。ユニクロやMUJIの比べると少し値段は高いですが、機能性に優れ、長く着られるものが多い。やはりアウトドアメーカーならではの工夫があります。ただし、首回りが詰まったインナーが多いので、多少洋服を選ぶかもしれません。




今年から自然素材のインナーにしたのはあんなに頼っていたユニクロのヒートテックインナーを着ていると、体のあちらこちらが痒くなるから。シルクや綿にしてからはそんなこともありません。

それから、ランズエンドのシルクインナーと同時期に買ったMUJIのウールインナー。暖かいですが、やはりかさばる感じがするので、ゴルフなど冬のアウトドア以外ではあまり着ていません。

やはり今季はシルクのインナーが気分。


Commented by BBpinevalley at 2020-01-09 05:28
そうなんですね、そんなにイイんですね。
私もチェックしてみよう。
モンベルは日本の会社でしょ。
確か関西の。
同じ中国メイドでも、ランズエンドより指図が行き届いているはず。
何を隠そう、私も気持ちのいい下着が大好きデス。
ウールインナーで有名なアイスブレーカーもイマイチ。痒い。
冬になると、母が注文して使っていた「アサメリー」という商品をAmazonで見つけて買っています。
とってもオールドファッションなデザインといえばそうなんでしょうが、軽い、暖かい、気持ちイイの三拍子。
重宝しています。
下着って大事ですよねっ!
Commented by koharu50 at 2020-01-09 11:49
> BBpinevalleyさん
コメントありがとうございます。
そうです。モンベルは日本のメーカーです。元々は登山用のファッションから今ではアウトドア全般を扱っていると認識しています。
品質管理は良く、お値段はプチプラではありませんが、長く使えるかと。
ただ、ブログにも書いたように機能性重視なので、ファッション性はイマイチです。
オンライン通販もありますから、薄めのインナーから試してご覧になるといいでしょう。
Commented by koharu50 at 2020-01-09 11:58
> BBpinevalleyさん
コメントありがとうございます。
そうです。モンベルは日本のメーカーです。元々は登山用のファッションから今ではアウトドア全般を扱っていると認識しています。
品質管理は良く、お値段はプチプラではありませんが、長く使えるかと。
ただ、ブログにも書いたように機能性重視なので、ファッション性はイマイチです。
オンライン通販もありますから、薄めのインナーから試してご覧になるといいでしょう。
by koharu50 | 2020-01-08 08:00 | 下着 | Comments(3)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春