人気ブログランキング |

シャネルのオートクチュールを間近に

シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_17520347.jpg
天王洲アイルのB&Cホールで開催されているシャネルのマドモアゼル プリヴェ展に行ってきた。

11:30からの回にラインで予約。予約は簡単だったが、天王洲アイルって行くのは初めて。

自由ヶ丘から大井町線で大井に出てりんかい線に乗るとたった二駅。あら、案外近いのね。

シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_20530650.jpg
会場入り口で並んで、入場券がわりのバーコードを見せる。

シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_20544957.jpg
入り口まで、一列に並んで歩く。ちょっと面倒くさいけれど、30分毎に予約時間を区切っていて、会場内が混雑しないようにしているのね。

シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_21001151.jpg
会場左の運河沿いに並んでいる船。おそらくはレストランかバーでは?

異国を思わせるこの景色。何事かと思いきや、この辺はTENNOZ HARVOR MARKETといって、B&Cホールの他にも多目的ホールなどがあり、100店舗のお店が並ぶ一大マーケットなのだとか。

私が出かけたのは午前中だったのでまだオープンしていないお店もたくさんあったが、夜などはそれなりに賑わうのかもしれない。

さてさて、待ちに待ったマドモアゼル プリヴェ展の会場に入る。

場内はパリ、カンボン通り31番地にあるシャネルのアパルトマンおよびクリエイティブスタジオを模して作られており、5つの部屋の色調からイメージされるオートクチュールが展示されている。

シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_21140417.jpg
白の部屋

シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_21175996.jpg

シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_21180146.jpg
黒の部屋

シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_21154592.jpg
ベージュの部屋
シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_21162429.jpg
赤の部屋

シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_21200845.jpg
最後はゴールドの部屋
 
シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_09262081.jpg
一番のお気に入りはこのコーディネート。


シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_22010880.jpg
香水や宝石も。

シャネルのオートクチュールなど、滅多にお目にかかれるものではないし、自分が着るものとも思えないが、一着一着の丁寧な仕事と想像を超えたデザインに驚かされた。

マドモアゼル プリヴェ展について詳しくはこちら
シャネルのオートクチュールを間近に_f0378589_22243057.jpg
お土産にいただいたポーチと冊子。これがなかなか面白い。シャネルのことがよくわかる。

12月1日までやっているので、シャネルに興味あるかたはもちろん、天王洲アイルの雰囲気に興味があるかたにもおすすめ。

東京にもこんなところがあるんだと、新しい世界が開けるかも。

by koharu50 | 2019-11-21 08:00 | 美しいもの | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春