人気ブログランキング |

笑顔パワー

笑顔パワー_f0378589_13014374.jpg
花にたとえればこんな感じか。

大和撫子が42年ぶりに海外女子ゴルフツアーのメジャー戦「AIG全英女子オープン」に優勝した。

1977年に全米女子プロゴルフ選手権を制した樋口久子プロ以来の快挙。同じアジアでも、ここ数年は韓国勢に持っていかれていた海外女子ゴルフメジャー戦のタイトルをついに奪還した。

笑顔パワー_f0378589_13091072.jpg
写真 Golf Channelサイトより

渋野日向子選手、21歳。

昨年プロテストに合格したばかりのルーキーだが、すでに国内戦で2勝。その戦績から全英女子オープンの出場資格を得て、「予選だけでも通れば」と臨んだ試合で世界の強豪を相手に見事優勝してしまったのだからすごい。

最近は大好きな石川遼も日本に帰ってきてしまったし、タイガー・ウッズも以前ほどは振るわない。

そんな理由から深夜の海外ゴルフツアーを見る機会は少なくなった。男子ツアーのマスターズや全英オープンなど、テレビをつけていてもほとんど寝落ち。

でも、日曜日の深夜だけは目を皿のようにして全英女子オープンの中継にかぶりついた。

渋野選手のことはほとんど知らなかったが、厳しい試合中も度々見せる笑顔。

笑顔パワー_f0378589_13215346.jpg
写真 Golf Channelサイトより

最終日の過酷な優勝争いの最中も観客とハイタッチをしたり、お菓子を食べたり、キャディをつとめるコーチと冗談を言い合ったり。その度に笑顔を見せる。

久々の日本人女子選手のスリリングな優勝争いに手に汗握る観客を和ませるこの笑顔。「スマイリングシンデレラ」というニックネームがついたとか。

人柄なのか、本能的に笑顔の力を知っているのか。

どんな時も笑顔でいると運を呼び寄せるという確信を強く持った。

私も彼女を見習って、どんな時も笑顔を忘れないようにしよう。

苦しい時こそ意識して笑おう。そうすれば必ずいいことがある。結果はきっと好転する。

そう信じて・・・。


ここから先は余談。

ところで、ルーキーなのに国内戦2勝。海外メジャー制覇。この快挙がどんなにすごいことなのかは本当は分かりにくいと思う。

現実はなかなか受からないプロテスト。ここでツアープロを断念し、インストラクターに転向する人も多い。

さらに、プロテストに受かってもステップアップツアーから本戦に出られるプロはごく僅か。出場したとしても予選落ちでは経費は赤字。

女子の場合、プロテストに合格しLPGAに入会すると入会金60万円、年会費が72,000円かかるとか。仮に生涯賞金がゼロだと完璧に元は取れない。

ツアープロの資格を持ちながらツアーに出られずインストラクターになったり、ゴルフを職業としない人も多い。

渋谷プロが通った道筋は針の穴より狭く、何千万人に1人の幸運と言っても過言ではないのだ。

Commented by momoko at 2019-08-06 08:45 x
小春さん、おはようございます。

ゴルフはすいません、分かりませんが、
渋野日向子さんはとても素敵でした。
素敵な人はどこにいても素敵だと思います。
見習う事は年齢は関係ないと思わせてくれる、渋野日向子さん、これからも応援したいです。
これからも変わらずにいて欲しいですね(^-^)
Commented by pikorin77jp at 2019-08-06 11:19
お花のたとえ ピッタリです!素朴な清楚あさ!
Commented by koharu50 at 2019-08-06 13:20
> momokoさん
こんにちは。

そうです。見習うことに年齢は関係ありません。渋野プロ、今日帰国して記者会見らしいです。すでにCMのオファーがたくさん来ているとか。
いいことですが本業のゴルフで頑張って欲しいですし、今の良さを見失わないで欲しいです。彼女なら大丈夫だと思うので見守っていきたいです。
Commented by koharu50 at 2019-08-06 13:22
> ピコさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
このお花、彼女にぴったりだと思いました。
Commented by gallery-asaba at 2019-08-06 16:51
こんにちは
渋野さん、素晴らしいですね。
ゴルフの事は詳しくないのですが、教えて頂いて少し理解できました。
ありがとうございます。
どの世界も成功の道を歩めるのはほんの一握りですが、彼女の弾けんばかりのあの笑顔は、何かを持っていると感じさせますね。
とっても元気付けて頂きました。
Commented by sokokoko at 2019-08-06 19:05
冒頭のお花、先日のお蕎麦屋さんですね。とても素敵だと拝見したのでよく覚えています。

実は私のなかで一番印象に残ったのは、「ハサミを入れられた葉」でした。
(※華道の常識を持ち合わせていないので見当外れかもしれませんが)「人為の加減」がいい意味での緊張感を与えているように感じたのです。


野の花のように伸びやかな渋野プロ、その才能と努力を支えた(本人を含めた)人為。

写真の花に重ねて、そんなことを思いました☺
(余談ですが、写真の花はおそらくキク科のシオンとかアスター系、葉はアヤメ科等の単子葉系💦ですね)

(花はキク科のシオンとかアスター系、葉はアヤメ科等の単子葉系)
Commented by koharu50 at 2019-08-06 20:42
> gallery-asabaさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
私も彼女の笑顔に元気をもらいました。
最終日、フロントナインでダブルボギーを叩いた時はダメかと思いましたが、見ていて良かったです。普通ならあの辺で潰れてしまうところ、やはり何かを持っている選手なのでしょう。
Commented by koharu50 at 2019-08-06 20:46
> sokokokoさん
コメントありがとうございます。
これ、なんの花だろうと思っていました。都忘れに似ていますね。もう少し元気な感じ。
確かに葉はハサミを入れてますね。でもかえって元気に見える。

おっしゃるように渋野さんもご本人の努力や周囲の支援(人為)があったので運がつかめたのですね。なるほどです。
by koharu50 | 2019-08-06 08:00 | 大切なもの | Comments(8)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春