人気ブログランキング |

プロのアドバイスと道具で世界が開ける

f0378589_22395842.jpg
ラーメンの名店、池尻大橋の「八雲」

最近麺が変わり、少し細くなり、さらに美味しくなりました。いつも「硬め、少なめ」と注文しています。

f0378589_22432632.jpg
ところで、アマゾンの配達って超早いですね。一昨日の夕方注文した商品が昨日の午前中には着きました。

さて、中身は何でしょう。

パーソナルメイクアドバイザーの岡真千子さんに教わってSIXPLUSのブラシセットを購入しました。上の写真のポーチに11本のブラシが入っています。

f0378589_22474811.jpg
じゃーん、開けたところ。

左からパウダーブラシ、ファンデーションブラシ、チークブラシ大、チークブラシ小、シェーディングブラシ、ハイライトブラシ、アイホールブラシ、アイシャドウブラシ、コンシーラーブラシ、アイブロウブラシ、アイライナーブラシ

プロではないので、全部は使いきれないと思いますが、セットで3,999円。安いと思います。


特に便利なのが真千子さんに使い方を教わったアイシャドウブラシ、アイブロウブラシ、アイラインブラシ。

アイブロウブラシを使うとアイシャドウで眉が描けちゃったりします。アイシャドウブラシとアイラインブラシでグラデーションアイメイクの真似事もできました。

やはり、「道具」とその使い方が何事でも大事と感じました。

f0378589_23224434.jpg
だいぶ前に購入したしたものの、使い方がわからず宝の持ち腐れになっていたNARSの「スキンディープアイパレット」も真千子さんの指南で、部分的ですが使えるようになりました。

私って、全く不器用なんです。メイクなんて下手の下手。こんなふうに化粧ブラシのセットやアイシャドウパレットを買おうなんてかつては思い至りませんでした。

何事も専門家にコツを教わるというのが上達の秘訣。世界が開けます。

真千子さんによってさらに新たな世界が開けたお話は近くアップします。

Commented by Diary-17 at 2019-06-20 12:25
絵を描く時の様にブラシ(筆)の素材や質、サイズは大切ですね。
大昔、アメリカの友人が日本の化粧筆を輸入したいと言うので、日本の某一流化粧品メーカーの筆と歌舞伎役者が使う舞台化粧用の刷毛を生産している会社にお話をうかがいに行った事がありました。社長直々説明して下さいましたが使う用途で使用する筆の毛質(動物や毛の部分)が違うのです。これで化粧の効果もずいぶん違うそうです。歌舞伎用のは日本古来のデザインで素敵と感じました。
すっかり忘れていましたが小春さんの今日のブログでチョット懐かしく思い出されました。
因みに私は奈良にある化粧筆専門店の筆と無印の筆を使っています。パウダー用、とアイメイク用で沢山ブラシを使うほどはお化粧していないかも。笑
Commented by koharu50 at 2019-06-20 17:18
> Diaryさん
アメリカのお友達が日本の化粧筆を輸入しようとされて・・というお話、興味深く読ませていただきました。
確かに筆の形だけでなくて毛質によってお化粧などの効果も変わるでしょうね。深く知れば知るほど面白いだろうと感じました。

動物の毛は柔らかくて使い心地はいいらしいですがメンテナンスも大変とか。それに比べてナイロンなどの筆はメンテナンスは楽だそうです。私のような無精者にはリーズナブルで使いやすい筆がいいかなと思っています。
by koharu50 | 2019-06-20 08:00 | メイク | Comments(2)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春