人気ブログランキング |

リアルチノ

リアルチノ_f0378589_01314219.jpg
チノパン、ポロシャツ、チルデンセータ、ローファー。

こんな格好が好き。

いわゆる「トラッド」というカテゴリーだと思うが、自分でも似合うと思うし、人にも似合うと言われるものの、どこかに抵抗感があった。

言葉を変えれば「欲」とも言える。

「もっとフェミニンなものも似合うかも」「ワンピースやスカートも着こなしたい」

考えればきりがない。挑戦と言ったら聞こえはいいけれど要は「あれも」「これも」着たいなと思っているだけなのだ。

この際、自分は「トラッド」が好きだし似合うことを再認識しておしゃれを磨いていきたい。

・・・さて、

ずうっと探していたものがある。チノパン。

アラフォーの頃、初めてチノパンを履いた。確かエディバウアーのものだった。

そのチノは適度な緩みがあって履きやすく当時ヘビロテしていた。あまりにも履きすぎて生地が傷み、さようならした。

それから、そのチノに似たものを探したけれど、次第に細身でキレイ目なものばかりになり、いまひとつ触手が動かなかった。

反面、チノのワイドパンツやカーゴパンツが流行ったこともある。でも自分には合わないと避けてきた。

適度にチノパンらしいチノはないのだろうか。

リアルチノ_f0378589_01472612.jpg
先日、ふらりと立ち寄った二子玉川のポロラルフローレン。

「チノパンらしいチノパンが入ってきましたよ」とお店の人が見せてくれたのがこれ。

他にもワイドや細身のキレイ目など数種類があった。

試着してみるとまさに懐かしいチノパンだった。ボーイフレンドフィットのチノと言うのだそうだ。

試着してから一旦は退散したものの、やはり履いてみたいと思った。

白シャツ、白T、ポロシャツやライダーズ、Gジャンなんかを合わせてカッコよく履きたい。裾はロールアップしよう。

ジーンズだとゴルフ場には行けないが、チノならギリギリ大丈夫。紺ブレをさらりとはおってプレッピー気分。

チノパン=チノクロスという生地で作ったパンツのこと。色は主にベージュやカーキだが、黒、紺、白などもある。
19世紀の中頃に英仏の軍隊の制服に使われたのが由来だか、70-80年代にアメリカ東部の若者がファッションに取り入れ広まった。

by koharu50 | 2019-03-19 08:00 | 愛用品

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春