人気ブログランキング |

ジャンヌ・モローが着ていたニット

f0378589_14225404.jpg
カトリーヌ・ドヌーブ主演の映画『昼顔』が予想に反してつまらなくてがっかりしたので、同時代のフランス映画をDVDでぼつぼつと観ている。

邦題は『突然炎のごとく』の『JULES et JIM』。フランソワ・トリフォー監督、ジャンヌ・モロー主演。

ジャンヌ・モローは大好きな女優の一人で、若い頃に演劇を志していた時には憧れの存在だった。その割にすべての映画を観ているわけではなく、この映画も初めてみた。

簡単に言えば、ジュール、ジャンの2人の青年とジャンヌ・モロー扮するカトリーヌの三角関係を描いた映画。

内容はそれほど深いわけではないが、3人の衣装や田舎の家、風景に癒される。

f0378589_14384574.jpg
男装したカトリーヌ。ダボっとしたニット、パンツに男の子のようなキャップがキュート。

f0378589_14402762.jpg
有名なワンシーン。ジャンヌ・モローも可愛いが、2人の男優のマリン風衣装が最高。

最初のうち、ジャンヌ・モローは長い丈のクラシックなワンピースなどを着ている。しかし、後半はほとんどニット。なかに気に入ったデザインがあった。

f0378589_14430944.jpg
ボーダーニットに白いプリーツスカート、ストラップシューズ。この格好で自転車にも乗ってしまう。

f0378589_14461445.jpg
白いロングカーディガン。襟のデザインに特徴がある。ボトムズは白っぽいプリーツ(フレアにも見える)スカート。外に出る時はブーツを合わせていた。

f0378589_14490212.jpg
同じくロングカーディガンにチェックのプリーツスカート。細いネクタイを締めて。特徴あるニット帽。

この三点なら少しコーディネートを変えて今でもチャレンジできるかも。着こなしのヒントになった。

この時いくつくらいだったのだろうか?ジャンヌ・モローのニット姿がなかなか素敵でストーリーよりもそちらのほうが印象に残った。


Commented by cenepaseri at 2019-02-21 15:32
私もジャンヌ・モローは大好きです。
あの口の感じが好きでいつの間にか私もへの字口になったと思います、昔っからと言われそうですが…
初めて見たのはビバマリアかな、一昨年の2017年に89歳で
亡くなったのですよね、そんなにいっぱい映画は観てませんが晩年の生き方も好きです。
Commented by koharu50 at 2019-02-21 16:42
> パセリさん
コメントありがとうございます。
ジャンヌ・モローは存在感のある女優さんでしたね。
晩年はちょっと感じが変わりましたが、への字口、私も好きでした。
by koharu50 | 2019-02-21 08:00 | 映画 | Comments(2)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春