人気ブログランキング | 話題のタグを見る

彼女の人生

彼女の人生_f0378589_13180376.jpg
昨日は暖かかったので、コートではなく、ツィードジャケットで出かけた。

全然寒くなかった。もう、春がそこまで。

さて、上の写真、2週間ほど前に親戚のお嬢さんと三浦半島に出かけた折に彼女が写したもの。

IPhoneで撮る写真がなかなかセンスがいいので、「カメラマンか編集者にならない?」と言ってみるが、いつも首を振る。

なんでもキャリアウーマン的な忙しい人生は送りたくないとか。アメリカの大学を2年で卒業した才媛なのに「もっと頭のいい人はたくさんいる」と言う。

大学を早く卒業した分、余った2年間はアルバイトで稼いだお金でアフリカ、ヨーロッパ、南米と世界中を旅行。それも誰もが行きたがる観光地ではなく、イタリアの名も知れぬ小さな島とかチリのサンチャゴからバスで1時間はかかる小さな町とかマイナーな場所ばかりだ。

時代が変わったのか、彼女が変わっているのか。時々会って話すたびに首を捻っている。

彼女は日米のハーフで日本の学校にはほとんど行かず、大学までアメリカの学校で教育を受けた。だから、日本人とは多少価値観が違い、例えば困っている人を助けるボランティア精神には富んでいる。

私が猫の手も借りたい忙しさの時には彼女がそれとなく手を貸してくれる。PCの入力など超早いから、助かることこの上ない。

その反面、日本の競争社会は苦手らしく、仕事はできるのに、いわゆる一流企業などには就職したがらない。

主人が「日本のビジネス社会がわかるから」と弘兼憲司の「課長島耕作」シリーズを読ませてみたが、本人はいまひとつピンと来ない様子だ。

おまけに島耕作の華やかな女性関係の件は「不倫なのになぜ許されるの」と手厳しい。

日本で仕事に就くつもりなので、現在就活中。面接の様子などを聞くと「電話ではカジュアルな対応だったのに、面接がビジネスライクで驚いた」などと言う。

「そりゃあ、当たり前だよ。企業なんだから」と答えながら、逆につい仕事中心に人生を考える自分のほうがおかしいかもしれないと思ったりする。

異文化の血を引く若い人との会話は親戚ながら時に新鮮。

彼女に合った仕事が日本にあるかどうかは分からないが、応援しながら見守っていきたい。



Commented by bondgirl333 at 2019-02-19 17:12
こんにちは^_^
今日も興味深く読みました。
日本企業🇯🇵島耕作の華やかな女性関係←別に私は構いませんが、アメリカで教育を受けたなら不思議に感じるでしょう。今や、不倫を許す会社などないでしょう。
日本でも新しい会社などなら良いかと。
男性中心会社なら辛いですね。
従っているふうに演技や自己プロデュース出来れば楽に会社にいられますね^_^
自分の考えを主張する方は難しいかもしれません。
あとは起業するとか?
若い方々に頑張って頂きたいです^_^
Commented by koharu50 at 2019-02-19 20:36
> bondgirl333さん
アッコさん、私も島耕作は違和感なく読んでいたのですが、アメリカ人には通用しない部分もあるのかもしれませんね。
本人はアメリカで就職するのと日本で就職するのとどちらがいいかずっとはかっていましたが、日本の英語教育をもっとよくする仕事に就きたいらしいです。ですから、日本で働くことを決めました。
日本のビジネス社会に慣れるのも大変だとは思いますが、頑張ってほしいです。
by koharu50 | 2019-02-19 08:00 | お友達 | Comments(2)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春