人気ブログランキング |

珈琲を飲みながら読むアートの話

珈琲を飲みながら読むアートの話_f0378589_11353318.jpg
連休最終日。相変わらず寒い。

お散歩がてら倉式珈琲でモーニング。本日のストレートは「グァテマラ」。

しかし、中煎りなので私の好きな「グァテマラ」の浅煎りとは味がちがう。煎り方でこうも違うのか、コーヒーの味。

写真左に半分だけ写っている雑誌「Pen」。

特集は「アートの値段」。もちろん概略的な知識がつく(というか知識を眺める)だけだけれど、世界の有名キュレーターやオークションの話しの数々は興味深い。

珈琲を飲みながら読むアートの話_f0378589_11452646.jpg
特にこの記事。出版社に勤めていた女性が江戸の天才画家、伊藤若沖が好きすぎて、その絵をボツボツと購入。ついに古美術商になったという話。

絵といえば財力がある人が買うものと思っていたが、こんな人もいるんだ。何事もやれば出来ると元気が出た。

さて、倉式珈琲に来たのはコーヒーを飲みながら束の間の読書タイムを過ごしたかったから。ここで読んだ本は、
珈琲を飲みながら読むアートの話_f0378589_15130843.jpg
『常設展示室』(原田マハ著 新潮社刊)。

昨年11月に刊行された短編集。内容は

パリ、NY、東京。世界のどこかに、あなたが出会うべき絵がきっとある。その絵は、いつでもあなたを待っている。人生の岐路に立つ人たちが辿り着いた世界各地の美術館。巡り会う、運命を変える一枚とは――。故郷から遠く離れたNYで憧れの職に就いた美青は、ピカソの画集に夢中になる弱視の少女と出会うが……(「群青 The Color of Life」)ほか。アート小説の第一人者が描く、極上の6篇。(Amazonの解説より)

ルソーとピカソの絵の謎を描いたミステリー『楽園のカンヴァス』を読んで以来、原田さんのファン。全てではないが多くの作品を読んでいる。

キュレーターとして森美術館などに勤務。世界を飛び回って仕事をしていた人だけに、彼女の描くアートの話はフィクションでもノンフィクションでも面白い。

『常設展示室』は短編集なので一晩でさらっと読める。kindle版もあるので旅のお供にもおすすめ。

「泣ける」話が多いのでハンカチの用意も忘れずに(ちょっと大袈裟か 笑)


Commented by オワリ at 2019-02-12 09:48 x
小春さん おはようございます。
ダイアリーさんのブログで初めて伊藤若冲を知り、その絵にとても魅かれてしまい、今、東京都美術館で開催されている「奇想の系譜展」に行くことを楽しみしているのですが、伊藤若冲の絵を購入された方がいるとは、、、驚きです。「Pen」を購入して、詳しく読んでみます。
Commented by koharu50 at 2019-02-12 10:47
> オワリさん
コメントありがとうございます。
はい、私も驚きました。
しかも、現在ではもっと値が釣りがっていると思いますが、彼女が若沖の絵を購入した時は、例えるとエルメスのバーキンを一つ買うくらいのお値段だったようです。
詳しいことはpenをお読みになってください。
Commented by Cecile at 2019-02-13 09:08 x
小春さんの冒険ブログ、いつも楽しみにしています。
冒険もさることながら文章のキレの良さが何よりの楽しみなのです。PEN、好きな雑誌です。日本に帰る度に必ず立ち読みします(買えばよいのに 笑)
Commented by koharu50 at 2019-02-13 13:43
> Cecileさん
海外からのコメント、ありがとうございます。
冒険はあまり大したものではないのですが、文章をお褒めいただくと元気が出ます。
Cecileさんの期待を裏切らないようにブログを書いていきたいと思います。
Commented by koro49 at 2019-02-13 21:20
私もPENは雑誌の中では好きな方。
以前は買った事があっても、今は立ち読み^^;

原田マハさんの小説は大好きで、『常設展示室』は昨日図書館に返本して来ました。
6つの短編、どれも心に残りました。
Commented by koharu50 at 2019-02-13 21:51
> koro49さん
コメントありがとうございます。お久しぶりです。青森は寒いでしょう。
倉式珈琲がお近くにあるといいのですが。各種雑誌が読めます。最近はpenを始めとしてここで読める雑誌は買わなくなりました。

短編はいつもあまり期待しないのですが、これは良かったですね。koroさんが原田さんのファンなんて嬉しいです!
by koharu50 | 2019-02-12 08:00 | | Comments(6)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春