人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブルゴーニュで会いましょう

ブルゴーニュで会いましょう_f0378589_16271858.jpg
お正月に見たビデオから。

Netflix にあった「ブルゴーニュで会いましょう」、ワイン畑の風景があまりに綺麗で、それだけでも見る価値があります。

ストーリーは、
フランス・ブルゴーニュ地方を舞台に、老舗ワイナリーを営む家族の再生を描いたヒューマンドラマ。20歳でブルゴーニュを離れたシャルリは、パリで著名なワイン評論家として活躍していた。そんな彼のもとに実家のワイナリーが倒産の危機の報せが入り、シャルリは実家へと戻る。久しぶりに父親との再会を果たすシャルリだったが、父はワイナリーを捨てて出ていった息子を許すことができなかった。ワイナリー再建を決意し、新しい技法を取り入れるシャルリと、そのやり方を受け入れられない父。ぶつかりあう2人だったが、最高のワインを作り、ワイナリーを再建させるため、いつしか手を取り合うようになる」(映画.comより)

ハッピーエンドで比較的「ありそう」なストーリー展開で目新しいところはないのだけれど引き込まれて見てしまいました。

その理由のひとつは前述したワイン畑の景色が綺麗だったこと、ワイン作りの過程に興味があったこと。

それからね。脇役なのですが、隣のワイン畑の女主人エディット役のフレデリック・ティルモンという女優さんがとても素敵だったこと。

ブルゴーニュで会いましょう_f0378589_16010403.jpg


ショートのグレーヘアが決まっていて、役柄上はとてもキビキビしたやり手(上の写真は優しそうですが)。女手一つでワイン畑を切り盛りする姿が良かったです。映画の本筋ではないのですが、「また出てこないかなあ」と心待ちにして見ていました。

私はグレーヘアにするつもりは全くありませんし、しても似合わないと思うのですが、だからこそマチュアマダムのグレーヘアに目がいきます。

この映画、映画評では「知的なストーリー展開ではない」とか「ワインの作り方が現実離れしている」とかあまりいい評判はありません。

でも、私的にはグレーヘアの似合うフレデリック・ティルモンという女優さんを知っただけで満足。

日本ではほとんど名が知られていないので出演映画をチェックしてもあまりデータがないのですが、フランスの「Notre Cinema」(私たちの映画)という映画情報サイトに出演作品やデータがありました。ただし、フランス語の解説です。

ご興味のあるかたはこちらをご覧ください。

by koharu50 | 2019-01-07 08:00 | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春