人気ブログランキング | 話題のタグを見る

教養もおしゃれのうち

教養もおしゃれのうち_f0378589_19512020.jpg
(スウェーデン・マルメ市の広場 昨年夏写す。本文とは関係ありません)

本屋を見歩いていたら、自分の範疇とはちょっと違う面白い本を見つけた。

定価は2,590円と少し高く、即買いというわけにもいかないが、調べるとKindle版があり、こちらは少し安くて2,380円。さっそくダウンロードしてみた。

教養もおしゃれのうち_f0378589_15441843.jpg
前書きには「信心深い人は、信仰心を高めるために日課として聖書を毎日読んでいる。この『1日1ページ読むだけで身につく世界の教養365』は、それと同じような方法で知識を増やし、教養を高める本だ。ベッドのわきに置いて、朝に目覚めたときや夜に休む前に読むことを毎日の習慣にしてほしい」とある。

ふーん、面白いかも。

月曜日は歴史、火曜日は文学、水曜日は視覚芸術、木曜日は科学、金曜日は音楽、土曜日は哲学、日曜日は宗教がテーマ。各界の専門家がそれぞれを執筆。

数分で読める簡潔な内容で前述のテーマの中から一口知識が語られる。

キリがいいので私は昨日から読み始めましたよ。1日目はアルファベットの歴史だった。

知らないことが多くて新鮮。まとめ読みではなくてできるだけ毎日読んで雑学を身につけようっと。

出会ったテーマからさらに掘り下げたくなるものも出て来るかもしれない。世界が少しだけ広がるのが今から楽しみだ。

本書はニューヨークタイムズのベストセラーで、アメリカで47万部を売り上げたとか。

おしゃれとは直接関係はないが、こういう本を作る発想もある意味おしゃれだなと思ったりする。

Commented by tomo-1207 at 2018-07-31 09:55
本屋さんで見掛けました。
面白そうですね。
曜日ごとにテーマが決まっているなんて、授業みたい!
海外の啓発本は、日本の生活に合ってなくて
読んでも出来ないよ~と思うこともしばしばですが
(あ、聖書はやっぱりちょっと違う?!)
これは、普遍的な一口知識だから良さそうですね!!
Commented by 雪ん子 at 2018-07-31 10:03 x
おはようございます
初めまして・・・というか以前にコメント入れさせていただきました。。。
1日1ページなら私でも大丈夫かも・・・。
本は好きなのですが・・・老眼の今、本を読むとすぐ眠たくなってしまって((+_+))
「教養もおしゃれのうち」ほんとそうですね
Commented by 尚子 at 2018-07-31 10:21 x
こんにちは。
教養もおしゃれって本当にその通りだと思います。
自分の事を振り返ってみると
底の浅い人間だなあと反省します。
知識の有る無しだけでなく、深く物を思う事や
感受性…。
煩わしくて耳を塞ぎながら生きていますが、
しっかり物を見る勇気も持たないといけないと思います。
(ズキンと来た言葉でしたので、思わず独りよがりのコメントしてしまいました。
ごめんなさい!)

Commented by natural-larutan at 2018-07-31 11:23
キャ〜、面白そうですね。
で、早速amazonでポチしました♡
素敵な本のご紹介、ありがとうございます。
最近、面白い本に出会わないなぁと思っていたので、
届くのが楽しみです。
ただ、月曜日は休講になるかも(笑
Commented by koharu50 at 2018-07-31 13:16
> tomoさん
確かに聖書は毎日読めませんが、これなら大丈夫。
面白く雑学が勉強出来そうです。
Commented by koharu50 at 2018-07-31 13:19
> 雪ん子さん
コメントありがとうございます。
紙の本のほうはやや大きくて、持ち運びに不便かなと思ってキンドル版にしました。
キンドルだと画面が明るいし、字も大きく出来るので読みやすいと思います。
携帯にもアプリがあるのでどこでも読めるのもいいですよ。
Commented by koharu50 at 2018-07-31 13:21
> 尚子さん
コメントありがとうございます。
気になさることはありません。
私もミーハーで底の浅い人間だと思っています。
だから、機会があったら勉強する。その入り口としてはぴったりの本。おすすめです。
Commented by koharu50 at 2018-07-31 13:22
> natural-larutanさん
この本おすすめです。早く届くといいですね。
月曜が休講?
火曜日に2ページいきましょう(笑)
Commented by Diary-17 at 2018-07-31 14:00
小春さん、こんにちは。
面白そうな本ですね。キンドルで探してみようかな?と思います。
雑学博士も悪くないかも。笑
ただ、いつも思うのは、この日本の出版社側のとってつけた様なフレーズ!
1日これだけで✖️✖️になる。✖︎✖︎は痩せるとか綺麗とかetc 無限大に作れるキャッチフレーズ。キャッチフレーズももう少し知的に表現できたら
もっと魅力的だと思いました。
でも、面白いもの見たさでのぞいて見ます。
Commented by koharu50 at 2018-07-31 15:40
> Diaryさん
コメントありがとうございます。
まず、旅の安全と健康をお祈りしています。気をつけて、楽しんで(お仕事がらみだから無理なのかな)ください。旅のレポ楽しみにしています。

そうですね。日本の本のタイトルは確かにこのようなものが多いです。大抵は庶民向けのベストセラーを狙っており、また、読者もこのようなタイトルに惹かれる人が多いからです。

でも、例えば岩波新書とかちくま文庫とかNHK新書とかもともとインテリ層を狙った本のタイトルは案外シンプルです。これまで売れたものでは「道をひらく」(松下幸之助)「バカの壁」(養老孟司)「気くばりのすすめ」(鈴木健司)などなどがありますね。
ただ、著者と内容に恵まれた本はこんなふうにシンプルなタイトルでも売れますが、そうでない本はタイトルが命になってしまう。出版社と編集者が必死になって売ろうとするから大げさなタイトルがつくのです。

この本はその手の本ではないと思うのですが、やはり地味なタイトルだと誰も手に取らないかもしれません。著者も日本では無名ですし。西洋の文化や学問をたとえ雑学でも読もうとする日本人が少ないと見たのでしょう。
Commented by mamako48722 at 2018-08-01 05:36
小春さん、今日は。

雑学、大いに知識を広げる一環としてとても良いと思います。
曜日ごとに違う分野の一口知識、面白そうですね。

キンドル版も有るとか、私も見てみます。
by koharu50 | 2018-07-31 08:00 | | Comments(11)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春