しばし止まって考えてみた

f0378589_22560358.jpg
自分がどういう環境にいるのか。仕事は何? いつ誰と会う?

自分を知ることがおしゃれの基本だと色々な本に書いてある。

もちろん読んではいるけれど、真剣に考えたとがあるかな、とふと思った。

あまりにも当たり前の問いだから、それに自分がもう若くはなく考えても仕方がないから考えないとしたら、それは間違いだ。
f0378589_23032246.jpg
ある本を読んでから、今一度自分は何者なのか、だからどういうおしゃれがライフスタイルにあっているかを考えてみることにした。

まず、私は仕事と趣味を兼ねてゴルフ場に行くことが多い。打ち合わせなど仕事の相手はゴルフ場の役員やスタッフやメンバー、プロが8割。

後の2割は活動のスポンサー(企業と個人)やスポーツ関係協会の役員やスタッフ。

日常接する8割はゴルフをやる人、つまりゴルファーだ。
f0378589_23051839.jpg
そうなるとファッションは自ずから決まってくる。

ポロシャツかシャツとパンツ、ブレザー&ジャケットの組み合わせだ。

着慣れてはいるものの、この組み合わせをいかにきれいに着るかは案外難しい。値段の高低に関わらず、サイズと材質、また着る人のシェイプアップで大きな差がついて行く。

少しずつ意識して、努力あるのみだろう。

この他にはパーティでの服装がある。

ゴルフ大会にはつきものの前夜祭とか表彰式。挨拶や説明に立つことが多いので、スポーティな中にも幾分の華やかさが欲しい。

いつもパンツ姿なのでスカートにすると珍しいのか評判がいい。スーツとかワンピースのいいものが何着か必要。ここは一応持っているけれど、開拓したい分野だ。

本当に似合う、いいものを時間をかけて探したい。その時の靴やバッグも同じ。

普段は出勤するわけではないから、ジーンズ姿でジムに行き、そのまま事務仕事をするパターンが多い。

週に何度かはジーンズをやめ、冒頭で説明したシャツ(ポロシャツ)、パンツ、ジャケットを着こなすようにすると、私らしいおしゃれ度がアップするかもしれない。

要はあれもこれもとトライするのではなくて、自分のライフスタイルと個性に合ったコーディネートをもう少し磨いてみようと思う。


by koharu50 | 2018-05-13 08:00 | おしゃれ | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き💕諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春