人気ブログランキング |

50歳からのお楽しみ生活

50歳からのお楽しみ生活_f0378589_11240870.jpg
歳を重ねても、若い時と同じように前向きに生きる気持ちは大切ですが、少しスローダウンして人生を楽しむことも捨てがたい。

 『50歳からのお楽しみ生活』(中山庸子著  海竜社刊)を読むとそんな気にさせられます。

中山さんは1953年生まれ。エッセイストでイラストレーター。著書には『なりたい自分になる100の方法』(幻冬社)や『50歳からのおしゃれのコツ』『50歳からのおしゃれ暮らし』(海竜社)など多数があります。

ご自身のイラストで著作を彩る手法は西村玲子さんと似ていますね。

それはとともかくとして、この本の中心は「好きなことをして楽しく暮らす」方法。

前書きには、
「50歳をめでたくクリアしてから、例えばもう『苦手克服』にエネルギーを投入したり、『人からの評価(いいね!)」に一喜一憂しなくてもいい、と決めました。
これからの自分に与えられている時間や体力を考えると、『苦手克服』より好きなことや得意なジャンルに使うのが一番。
そして、100人からの『いいね!』を求めて無理する代わりに自分で100回『いいね!』すればいいんじゃない?
見栄を張ったり誰かをうらんだりするよりも肩のチカラを抜いてゆるめに自画自賛する日々を送る方が面白い」(本文より)

と、あります。

これにはとっても納得できました。

50歳からのお楽しみ生活_f0378589_11455408.jpg
本書の章立ては、
お楽しみその1 自分のためのお弁当を作る
お楽しみその2 ラクでおしゃれな組み合わせを考える
お楽しみその3 晴れたら自転車で繰り出す
お楽しみその4 好きな作家に会いに行く
お楽しみその5 お気に入りの写真や言葉をスクラップする
お楽しみその6 筆を針に持ちかえてみる
お楽しみその7 ひとり居酒屋メニューを用意する

自分のためのお弁当のチキンライス(写真上)とか、自転車で巡る広尾の街とか
が気に入りました。
50歳からのお楽しみ生活_f0378589_11514538.jpg
筆を針に持ちかえてみるのもグッドアイデア。私も刺繍を始めようかな。
50歳からのお楽しみ生活_f0378589_11523637.jpg
いつもポケットに「お楽しみプラン」をしのばせるのもいいなあ。
50歳からのお楽しみ生活_f0378589_11533909.jpg
楽しみを持つこと考える工夫で、50歳以上の人生もとてもワクワクしたものになりそうです。

超前向きな生活にちょっとお疲れ気味のあなたに、おすすめの一冊。

参考までに、本書と同じジャンルに入る西村玲子さんの本の紹介は↓



Commented by gratia-lily2 at 2018-04-14 07:58
この中山さんの本、興味持ちました。早速アマゾンで注文します!50歳からは苦手克服しなくてもいい、そうですよね、時間が限られているのですから、できるだけ好きなこと、得意なことをしていきたいですよね。
針、とってもいいんですけど、肩凝ります・・・・。
Commented by koharu50 at 2018-04-14 10:07
> gratia-lily2さん
そうですね〜、針は肩がこるかも。でも、手仕事って憧れちゃう。実は私、不器用なんです。

この本はさらっと読めると思います。知識や何かが身につくというより、気持ちが楽になる本です。
by koharu50 | 2018-04-13 08:00 | | Comments(2)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春