人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山形料理で呑むお酒

山形料理で呑むお酒_f0378589_20071029.jpg
先週の金曜日、かつて一緒に仕事をした編集者2人と主人と4人で久々に呑みに行きました。

場所は神田駅の近く。山形の料理とお酒を出すお店でした。
山形料理で呑むお酒_f0378589_20114137.jpg
山形のお酒というと、住吉が有名で、これは私の好きなお酒です。常温で飲むのが最も美味しいと私は思います。

でも、この日のお酒は樽平だったようです。店の名前が樽平なので、ま、いいか。
山形料理で呑むお酒_f0378589_20150273.jpg
お通しが芋の煮っころがしです。ムードあるわぁ。

写真を撮り忘れましたが、ここの芋煮はとても美味しかったです。
山形料理で呑むお酒_f0378589_20162257.jpg
玉こんにゃく。これがまた煮汁が染みて最高でした。

この他に最初の写真の鍋とお刺身の盛り合わせで、徳利をいくつ開けたかなあ??

久しぶりに楽しい時間だったのですが、呑みすぎました。翌日、軽い頭痛がしましたもの。いわゆる二日酔いの体験も久々に味わったことになります。
山形料理で呑むお酒_f0378589_13101838.jpg
店内はこんな感じサラリーマンが通う典型的な飲み屋さん。店の中央にカウンターがあり、左側に4人が座れるテーブル席。2階は座敷でした。

さて、一緒に飲んだ編集者の1人は偶然にも大学の後輩。すでにリタイアして悠々自適な生活を送っています。彼は非常な酒呑みで、かつてはいろいろな武勇伝がありました。それは全く変わっていませんでした。徳利を次々に注文したのは彼です。

驚いたのはもう1人。最後に会った時、確か28歳くらいだったと記憶していますが、なんともう50歳ですって! 20年以上も会っていなかったことになります。

若き日の面影は残っていますが、歳なりに貫禄も出て、編集長になるのも時間の問題とか。

彼の携わっている書籍の企画を聞くと、とても面白く、私には出来ない発想が随所に感じられました。

一緒に仕事をしていた頃、まだ出版界でずっと働く気持ちは固まっておらず、「僕はいつでも逃げられる」と言っていた彼。

もうそんなことは言えなくなりましたね。その成長ぶりが眩しかったです。

ちょっとした刺激になりました。やはり幾つになっても、あらゆる方法で刺激を感じていたいですね。

余談ですが2人の元編集者と現役編集者から最近読んだ最も面白い本を聞き出し、早速kindleでダウンロードして読んでいます。

2人が口を揃えて「面白い」と勧める本があったのです。全く私の読書領域外。面白かったらまたレボしますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
記事はいかがでしたか? 面白かったらちょこっと下をクリックして下さい。

ランキングに参加しています。

60代ファッション ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


Commented by Diary-17 at 2018-02-05 13:15
こんにちは、
昔の職場の戦友?達との久々の語らい…良いですね。出来るものならちょっと遠目のカウンターかテーブル席からこっそりと拝見して見たかったです。
Commented by koharu50 at 2018-02-05 20:36
> Diary-17さん
ここはお酒も食べ物もおいしいのですが、いわゆる街の飲み屋でダイアリーさんのような素敵な人が来ると大変目立ちます。
たぶん、こっそりは出来ず、私も「誰かなー??」と思うかも(笑)。
Commented by Diary-17 at 2018-02-06 00:28
あはは!想像し過ぎでーす。
神田辺りでご主人様達が行かれる所だったら間違い無いでしょうね。ー
私呑めないんですけど…こういう場所のお料理も好き❣️
今日の小春さんのブログに影響されて早速 蛸とジャガイモの煮物等作ってしまいましたよー。初めて作ったんですよ、偶々蛸を見つけたので……美味しかったです。
Commented by koharu50 at 2018-02-06 00:35
> Diary-17さん
そうですか〜、つまらないなあ(笑)
この店の料理は本当に美味しかったんですよ。
写真が撮れなかった芋煮。よく聞くし、だいたい想像はつく料理なのですが、里芋ときのこの煮物で、そりゃあ美味しいんです。ダイアリーさんにも食べさせたい。
蛸とジャガイモの煮物ですか、うーん、美味しそう、食べたいなあ。
by koharu50 | 2018-02-05 08:00 | お友達 | Comments(4)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春