人気ブログランキング | 話題のタグを見る

蕎麦と日本酒

蕎麦と日本酒_f0378589_10403704.jpg
もし、「死ぬ前に何を食べたいですか」と聞かれたら「蕎麦屋で日本酒を飲む」と答えます。

私はもともといける口で、若い時からいろいろなお酒を飲んできましたが、やはり究極のお酒は日本酒です。

でも、今はお酒だけを呑む気は全くなくて、あくまでも料理と一緒に。酒が料理の味を引き立て、料理が酒の味を引き立てる。そんなお酒が好きです。

では、日本酒を何をつまみに飲むのが一番美味しいかというと板わさとかしらすおろし、ぬか漬けあたりだと思います。

もちろん、人によっては冷奴とか枝豆、塩辛などをあげる方もおられるでしょう。要するにお腹が一杯にならないものがつまみには最適です。

飲みすぎない程度にお酒をいただいたら、蕎麦でしめる。

蕎麦は温かいのも冷たいのも好みだと思いますが、私は俄然「せいろ」でしめる。
蕎麦と日本酒_f0378589_10485603.jpg
お蕎麦だけではちょっと物足りないので、天ぷらを少しだけ一緒にいただく。

こんな日本酒の呑み方が私の理想です。

ただ、現実にはなかなか美味しいぬか漬けを出すところがなかったり、蕎麦つゆが甘ったるかったりして理想通りにはいきません。

食通で知られた作家の池波正太郎さんは蕎麦屋でお酒を呑むのがお好きだったようで、行きつけのお店を三軒あげておられます。

並木藪蕎麦(浅草)

神田まつやだけ行ったことがありますが、えらく混んでいました。ただ、味は間違いないと思います。

東京で私が知っているなかでおすすめなのは、

安曇野(三軒茶屋)

長浦は妙興寺蕎麦という味噌味のそばつゆで食べる蕎麦と「とりわさ」というおつまみが秀逸。レボした記事はこちら

安曇野は誰もが入りやすい店構えとメニューの豊富さがおすすめ。うどんも美味しい。

さらしな総本店店構えが落ち着いていていかにもという感じ。普通の蕎麦と二八、田舎蕎麦の三種盛りからためすのがおすすめです。

どちらの蕎麦も量が多くはなく、喉越しが良く、蕎麦の香りがするのが高ポイントの理由です。

もちろん、お酒を飲まなくても美味しいですよ。

ちなみに、上の写真を撮った自由が丘のSという蕎麦屋は高級な店で値段も高いのですが、久しぶりに行ったらそばつゆもつまみも甘め。以前はもっと美味しかったような気がしますが、残念です。

さあ、今日は美味しい蕎麦を食べに行こうか。雪見酒になるかもね・・・。


Commented by Diary-17 at 2018-01-22 08:30
おはようございます。
今日は、江戸っ子ならではのタイトルですね。
私もお蕎麦が大好きです。呑めないので日本酒ちびりはできませんが…。江戸時代は蕎麦屋は食事の場と言うより呑む場だった様ですね。
初めに板わさや卵焼きを突きながら日本酒を飲む風景は東京だけでしょうか?
Commented by koharu50 at 2018-01-22 16:34
> Diary-17さん
時代劇などを見ておりますと、江戸時代は確かに蕎麦屋=呑み屋だったのかもしれません。

確かに関東では蕎麦屋で板わさと卵焼きで呑む人がいますね。おそらく関東だけの光景かもしれません。
ちょっと調べてみますね。

卵焼きは店によって甘いと嫌なので頼んだことがないのですが、これもまたつまみにいいと思います。
Commented by uransuzu at 2018-01-22 19:44
うどん県民にとって、
蕎麦屋で一杯!は憧れの粋な大人です。
私も、東京でいた頃には、蕎麦屋巡りをしていました。←かなり昔
今度、小春さんお勧めの蕎麦屋さんに行ってみたいです。
Commented by koharu50 at 2018-01-22 21:10
> uransuzuさん
こんばんは。
うどん県のうどんも美味しいですよねー。

私のおすすめ蕎麦屋、間違いないです。東京にお越しの際はぜひ。

予定通り、伺いますね。
by koharu50 | 2018-01-22 08:00 | 食べ歩き | Comments(4)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春