人気ブログランキング | 話題のタグを見る

おしゃれな映画から(その2)

おしゃれな映画から(その2)_f0378589_12451588.jpg
「シングルマン」 ファッションデザイナー、トム・フォードの初監督作品。

2010年の公開だから新しい映画ではないが、たまたま、この映画でも主演しているコリン・ファースの「キングスマン」を見たら超面白かったため、彼の主演作品を探していて巡り合った。

トム・フォードといえば、もちろん、あのトム・フォード。グッチの再建に手腕を発揮したファッションデザイナー&ディレクターであり、今や彼の名前を冠したブランドもある。

私はあくまでもコリン・ファース主演の映画を探してきたので、見つけた作品の監督がトム・フォードと知って二度驚いた。

トム様のアイシャドウを1つ持っており、色とつき具合が気に入って愛用している。こりゃあ、トム様とご縁があるとなんだか嬉しくなってしまった(単なる自己満足ですが。笑)。

けれど、映画監督としてのトム・フォードは新人も同然であるのだからと期待しないで鑑賞。

それがねえ、案外良かったのよ。
おしゃれな映画から(その2)_f0378589_12542084.jpg
ストーリーは、

1962年11月30日。8か月前に愛する人を失ったジョージ(コリン・ファース)は、この日で人生を終わらせようと、死の準備を着々と整えていた。ところが大学での講義は熱を帯び、いつもならうっとうしい隣の少女との会話に喜びを抱く。そして遺書を書き上げたジョージに、かつての恋人チャーリー(ジュリアン・ムーア)から電話が入り……。(Yahoo映画より抜粋)

まあ、どちらかというと静かで退屈な展開なのだけれど、見るべき点の第一は映像がとても美しいこと。

第二にコリン・ファースの抑えた演技、しかし、ほとばしる情熱を内面に秘めた雰囲気がとてもいいこと。アクション映画の「キングスマン」も良かったけれど、さらに惚れたという感じ。
おしゃれな映画から(その2)_f0378589_13014401.jpg
そして、第三にやはりファッションが素晴らしい。

と言っても出てくる男性俳優陣の衣装はほとんど白シャツに黒いパンツとかチノパンというシンプルないでたち。

それがとても似合っていて、見ている間は「なぜだろう」と考えていた。

やはり、
1.コリン・ファースを始めとする男優の体型が引き締まっていること。ただ、スリムなのではなくて筋肉が適度についていてそれなりに胸幅などはある。
2.白シャツのデザインと材質がいい。
3.胸のボタンの開け方で、その時の心情が分かるうえ、着こなしが上手い。

女性の白シャツについても上手に着こなすには似たようなことが言えます。
おしゃれな映画から(その2)_f0378589_13062421.jpg
最後に、この映画では脇役になってしまうが、ジュリアン・ムーアを始めとする女優陣のコーディネートも見どころの一つ。

シンプルかつエレガント。ヘアスタイル、メイク、仕草の全てが女性として見習いたいものばかりです。

トム・フォードの美学はすごい。
スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

Commented by Diary-17 at 2018-01-17 08:36
昨日丁度、夫が着ていた白いYシャツに惚れ惚れしていた所でした。(笑……シャツのメーカーは決まっていて私が何時も選んでいます。)

女性の白いシャツと黒いパンツは難しいですねー。制服や仕事着に見られがち、デパートに行ったら必ず店員さんと間違われます。
Commented by koharu50 at 2018-01-17 12:14
> Diary-17さん
まあ、ごちそうさま〜(笑)。
ちなみにどこのシャツですか?

男性白シャツは時々惚れ惚れするような人がいますが、女性はなかなか難しいです。特に黒いパンツとの組合せは難しいですね。私は白シャツはジーンズだの紺ブレとあわせることが多いですが、上手に着こなしているとはいえません(笑) ただ、好きなだけです。
by koharu50 | 2018-01-17 08:00 | 映画 | Comments(2)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春