人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ジムトンプソンのタイシルク

ジムトンプソンのタイシルク_f0378589_12373703.jpg
タイといえば、気になるのはやはりタイシルクですね。

バンコク2日目にタイシルクの老舗「Jim Thompson 」に行って来ました。

このお店の本店はバンコク市内中心部にありますが、私が行ったのはそのアウトレット。
ジムトンプソンのタイシルク_f0378589_12404164.jpg
市内のはずれにある5階建ての建物で、1階がシルク、2階がコットンやリネンやリネンの生地、3階が何だったかな、4階にシャツやドレス、小物類、5階にインテリアファブリックが置いてあります。

ファッションのプロであれば生地を見歩くのも大いに面白いと思いますが、私は4階専門です。
ジムトンプソンのタイシルク_f0378589_12452846.jpg
ハンドバッグとクッション
ジムトンプソンのタイシルク_f0378589_12460385.jpg
スカーフ
ジムトンプソンのタイシルク_f0378589_12463649.jpg
シルクのブラウスとパンツ

アウトレット価格は市価の3割から7割とか。ただし、色やデザインが揃っているわけではなく、初めての方は本店に行かれたほうがいいでしょう。

いろいろ見歩いて試着もしましたが、結局買ったのは一番上の写真、上質なコットンストールとお土産用にいくつかの小物入れだけです。

すぐ上の写真のブラウスは見た目はエキゾチックでなかなか素敵なのですが、着てみるとテロっとしていてあまり似合いませんでした。

ストール、スカーフはいろいろな種類があります。迷いましたが、主人が勧める花柄のストールにしました。

巻いてみると花柄には見えず、アイボリー系のストールに見えます。
ジムトンプソンのタイシルク_f0378589_12551827.jpg
春夏用にこんな色が欲しかったので、ま、いいか。

ジュンコシマダのパンツ、ユニクロのTシャツに合わせてみました。

※参考までに、Jim Thompson はタイシルクの老舗です。
創立者のThompson はアメリカ人でCIAのエイジェントとしてバンコクにやってきました。
任務の傍ら、タイシルクに魅せられてメーカーを創立した他、自宅にはタイのファブリックや置物を飾り、独特のセンスある家を創りました。
その家は今でも観光名所となっています。
しかし、なぜか、マレーシアのカメロンハイランドという避暑地で行方不明になり、そのまま還らぬ人となりました。

Jim Thompsonの製品は上質です。
2006年に初めてバンコクで見た時にはデザイン、品質共に魅せられましたが、デザイナーなどの影響でしょうか。今回は少しレベルが落ちたように感じました。

Commented by perako at 2017-12-20 12:24 x
はじめまして。約10年前にバンコクに行き、Jim Tomsonのお店に行きました。nararaよりJim Tomsonですね!
バンコクが舞台の「サヨナライツカ」も好きだし、Jim Tomson失踪の話の「赤い絹」も読みました。
ゴルフもキャディさんが1人1人につき、グリーン上は人だらけですが・・。
私も60歳になっても、おしゃれとゴルフ、旅行とか続けたいです。
Commented by koharu50 at 2017-12-20 16:11
> perakoさん
初コメントありがとうございます。
私も11年くらい前にもバンコクに行ったことがあります。今回は2回目です。好きな街ですが、食べ物はあまり好みではありません。

ジムトンプソンはいいですよね。ただ、記事にも書きましたが、ちょっとデザインが落ちたように思いました。シルクの材質はいいのですが。
ゴルフも行ってきました。今回はあまり暑くなくて快適なラウンドでした。

perakoさんももちろん60代になっても旅やおしゃれ、ゴルフを楽しめます。私も楽しんでいるのですから。
by koharu50 | 2017-12-20 08:00 | お買い物 | Comments(2)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春