母の旅立ち

f0378589_16284560.jpg
最愛の母が92歳で旅立ちました。

今年の初め、あまりに食欲がなくなったのを心配して病院に連れていくと、胆石による胆のう・胆管炎で敗血症を起こしていました。

そこから劇的に回復。ただ、腫瘍マーカーの数値が高かったので調べて行くうちに大腸がんが隠れていたことが分かりました。

足が少し悪いだけで、ボケてもおらず元気だったので手術を決意。しかし肝臓と肺にすでに転移が見られ、年齢のこともあって完治手術は出来ませんでした。

癌の部分を迂回して人工肛門を作り食べることは出来るようになりましたが、1ヶ月以上寝たきりだったことが災いし、リハビリをしても元のように動くことは出来ませんでした。

毎日のように病院へ見舞いに行きました。でも年齢の割りに前向きに病と闘っている彼女に転移があるとはとても言えなかった。顔を見ているだけでも辛く、仕事を理由に行かない日もありました。

先生は半年か1年くらいは大丈夫だろうとおっしゃいましたが、癌の進行が思いのほか早く(年齢と癌の進行は関係がないということです)、肝臓のがんが広がって7月に入ってからはお茶、スープなどの流動食しか喉を通らなくなっていました。

最期の3週間は自宅に戻ってきて、私が介護をしていました。

最近出来た小規模多機能介護施設にお世話になって、訪問介護や診療、また、私が仕事で出かける時にはショートステイにも対応していただきました。

これは精神的にも肉体的にもとても助かりました。

もう少し持つかなと思っていましたが、流動食がむせて飲み込めなくなってから、あっと言う間に衰弱し返らぬ人となってしまいました。

私には出来すぎた母親で、相当辛かったと思うのに我がまま一つ言わず、いつも私の仕事のことを気遣ってくれた母でした。

家で最期を看取るのって、恐い感じもありましたが、点滴や治療をしないのでむしろ楽に逝けたのだと思います。

最期は眠るように静かに旅立ってゆきました。

大好きな母でしたのでしばらく喪失感が消えないと思います。


彼女が買い物に行く時必ず座っていたバス停のベンチ。笑顔で母が立ち上がってくるような気がして、通るたびに涙しています。

ランキングに参加しています。クリックして応援して下さい。

60代ファッション ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
Commented at 2017-07-20 08:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-07-20 22:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-07-21 00:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-07-21 00:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koharu50 at 2017-07-21 07:24
> 鍵コメBさま
お悔やみコメントありがとうございます。そうですね。まだ母の死の実感がわきません。
Commented by koharu50 at 2017-07-21 07:26
> 鍵コメT様
お悔やみコメントありがとうございます。
確かに母とは長く過ごせました。それだけでも感謝しなければなりませんね。
Commented by koharu50 at 2017-07-21 07:28
> 鍵コメY様
お悔やみコメントありがとうございます。
ブログを時々拝見しています。また伺います。
暖かいお言葉ありがとうございました。Y様のブログのように癒されます。
by koharu50 | 2017-07-20 08:00 | 大切なもの | Comments(7)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き💕諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春