人気ブログランキング |

どうしても買ってしまう雑誌

どうしても買ってしまう雑誌_f0378589_13563617.jpg
書店で見かけるとつい買ってしまう雑誌があります。

ku:nel(マガジンハウス刊)。「食う寝る」という意味らしい。

イメージキャラクターに女優の小林麻美さんを起用し、編集長はもとananの名物編集長だった淀川美代子さん。

もとは同タイトルで違う内容の雑誌でしたが、昨年あたりから50歳以上のシニアを読者に想定した雑誌にリニューアル。

シニア世代に突入したいわゆるアンノン族(ananやnonnoの読者)を取り込んで部数を伸ばそうという企画なのでしょう。

この雑誌、他のシニア雑誌(誌名は言わない)に比べればファッションやコスメ、雑貨に割くページも多く、それなりに納得のものを掲載しているのですが、お値段以上の情報が詰まっているとは正直思えません。

小林麻美さんもセンスはいい方なのですが、時々イタく感じるのは気のせいなのかなあ??

読みふけると言うよりもぱらぱらめくるだけ。すぐに読み終わってしまう。

それなのに何故買ってしまうとかというと、なんとなく懐かしいんですよね。

同じ出版社から出ているananは20代の頃の私にとって画期的な雑誌でした。
どうしても買ってしまう雑誌_f0378589_17114062.jpeg
創刊号の頃のanan。イメージキャラクターはモデルの立川ゆりさん

友達に「ねえ、この雑誌知ってる?」と差し出されたときの驚き・・・

それまでの女性誌、週刊誌にはなかったおしゃれな情報が満載でした。学校に持って行き、みんなで回し読み。

そのおねえさん雑誌である「クロワッサン」や妹雑誌である「Hanako」にもずいぶんお世話になりました。

そんな流れがあるからつい買ってしまう。でも満たされない。

シニア向けの雑誌と言うのは非常に難しいと思います。もし、ヒットするものが出れば結構読者は増えると思うのですが。

※おまけ
「週刊新潮」とか「週刊文春」などの週刊誌、読者はほとんどシニアだそうです。若者は活字離れしていて読まない。たまに買って持っていると若い人から「えっ、そんな雑誌読んでるんですか?!」といぶかしげに聞かれたりする。
昔は職業柄もあってこれらの雑誌には必ず目を通して話題の人物とかトレンドを探していましたが、変わりましたよね、世の中。




ランキングに参加しています。クリックして応援して下さい。

60代ファッション ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

Commented by bellko1213 at 2017-05-30 14:55
小春さま、こんにちは。
私も昔、高校を卒業する頃からan-an買っていました。カラス族、太眉の頃からです。立川ゆりさんは、後の金子ゆりさんですよね?お若い頃の写真、見たことがなかったので新鮮です。
小林麻美さん、昔好きだったので彼女の本は何冊か持っています。お仕事を再開なさったのですね~。
クロワッサンもHanakoもOliveもずいぶん買っていました。懐かしいです。
文春、昔は毎週買っていました。OL800人委員会のメンバーになっていました(笑)
そういえば、ここ何年かネットのForbesとかプレジデントとか日経オンラインとかばかり読んでいて、本当に日本の雑誌はチェックしていませんでした。
ずっと日本の雑誌を読んでいなかったので、どれを読めばいいのか最早わからなくなっています(汗)
Commented at 2017-05-30 15:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koharu50 at 2017-05-30 16:30
> ろばこさん
コメントありがとうございます。
ろばこさんもanan,Hanakoなどのファンでしたか!文春も毎週買っていたんですね。親しみがわきます。

最近面白いのは週刊文春が週刊新潮の内容を事前にスパイしていたという話しで、週刊新潮に詳細が載っています。日本に帰ったらぜひ読んでみて下さい。
Commented by koharu50 at 2017-05-30 16:35
> 鍵コメM子さん
コメントありがとうございます。ビックリしました。お話したいといつも思っていました。

鋭い分析さすがです。今後の意見交換やアドバイスよろしくお願いします。超楽しみ!!!
by koharu50 | 2017-05-30 08:00 | | Comments(4)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る