人気ブログランキング |

リーバイス501CTを履いてみた

リーバイス501CTを履いてみた_f0378589_14174591.jpg
リーバイスのオンラインショップで買おうかどうしようか迷っていたリーバイス501CTが半額近いディスカウントになったので、やっぱり購入。

同じ型番のものでもデニムの厚さやダメージ度などによって価格には差がある。これは薄くも濃くもないミディアムな色のデニムに、そこそこのダメージをつけたもの。ある程度の年齢になってあまりにもダメージの派手なジーンズは「いたく」見えるかと懸念しながらも、このくらいならまあ履きこなせそうだ。

ジーンズ=リーバイス501カスタムテパード・ミディアムインディゴ
シャツ=セントジェームズ
ロングカーディガン=メーカー不明
スニーカー=コンバース

リーバイス501CTを履いてみた_f0378589_14154734.jpg
寒色系のコーデなので赤い篭をアクセントに。

501CTはリーバイスのシンボル的製品である501をテパードタイプにしたもので、日本人(特に女性)には似合うジーンズ。

しばらくぶりで501を履いたが、いつも愛用しているレッドカードより、履きやすさの面では勝ることに改めて気がついた。それにオリジナルタイプの501だとちょっとぶかっとしたイメージになるのが、CTならややスリム、からだに沿ってみえるのがうれしい。

大学生の頃、初めて履いたジーンズは確か「ビッグジョン」だったか。当時は他にラングラー、エドウィンなどのメーカーがあった。

2番目に履いたのがリーバイス501のユーズドで、これが体にぴったり合ったため、以来501は愛用してきた。

当時、ジーンスを大学に履いていくのはちょっと勇気がいり、実際に大阪大学でジーンズをはいた女子学生が先生に教室から追い出されるという事件もあった。

そんなリスク(というほどでもないが、若い女の子だったので・・・)を承知でジーンズをはくのはスリリングでもあったが、ポピュラーになった今、若い人には信じられない話しと思う。

ジーンズはひとつサイズの小さいものを購入し「立って入らなければ寝転がって履け」と先輩に教えられ、汲々として履いた覚えがある。

でも始めはキツかったジーンズが次第に緩み、自分の体型にぴったり沿うようになる。すると手放せないものになり、破れるまで履きまくった。

現在ではユニクロなどファストファッションの店で安く購入出来るジーンズだが、私は少し高くても生地のしっかりしたものを選ぶ。

ぺらぺらの生地だと、いちおう外見はジーンズだが、自分に合うものには育たない。

質のいい革のバッグが使い込むほどに味が出るのに、合皮のバッグは色が剥げたり、持ち手が切れたりするのと同じことだ。

by koharu50 | 2017-01-29 08:00 | 今日のコーデ | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春