人気ブログランキング | 話題のタグを見る

私とゴルフ

私とゴルフ_f0378589_14145546.jpg
ル・ナショナル(フランス・パリ近郊)

ゴルフを始めたのは27歳の時だった。

慣れない動きに筋肉痛になるわ、ボールはさっぱり当たらないわで、すぐに止めるつもりだった。

もともと運動神経が壊れていてスポーツなどやる気もなかったし・・・

ところが、周囲にゴルフ大好きな男性がいて、何かと練習やラウンドに誘ってくれる。

その人は上司でもあり、後にパートナーとして仕事も人生も共に歩くことになったため、嫌でもゴルフが私の人生について回ることになる。

でも、なかなか上達しないし、朝が早いのが苦手なため、アラフォーになる頃まではなるべく避けて通っていた。お付き合い程度にしていただけだ。
私とゴルフ_f0378589_14261424.jpg
パンプキンリッジGC(米国・ポートランド近郊)

それがある時から急に楽しくなった。

きちんとプロに習ったことや、仕事が絡んできて、本気で上手くなりたいと思ったからだ。

それにゴルフのお陰で、世界や日本各地を旅した。

アメリカはすでに10都市以上のゴルフ場を回ったし、ヨーロッパはフランスとスウェーデン、アジアではタイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、韓国、台湾、日本は東北、北陸、山陰をのぞいて、多くの地域のゴルフ場でプレーした。
私とゴルフ_f0378589_14161894.jpg
マインズCC(マレーシア・クアラルンプール近郊)

ゴルフを通じて知り合った人も多い。年齢や社会的地位、国籍、仕事を超えたお付き合いができる。

今、シニア世代になって特に感じるのはゴルフをやりたいがためのトレーニングが健康維持に役立っていることだ。

我がパートナーは病気などで一旦ゴルフを諦めかけていたが、最近独自のトレーニングで調子が上がりそうだという。90歳になってもゴルフを続けたいそうだから、私も一緒にそうなれるかな。

いや、絶対にそうしたいと思っている。

私とゴルフ_f0378589_13193174.jpg
2010年にラウンドしたパリ近郊の"Le National" 最終ホールにて。とても美しいコースでしたが、あまりの難しさに声もです、手持ちのボールはすべて池とブッシュに吸い込まれ、珍しく笑顔の写真がありませんでした(笑)。

写真はすべてプロカメラマンでもある私のパートナーが撮影しました。

by koharu50 | 2017-01-25 08:00 | ゴルフ | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春