人気ブログランキング | 話題のタグを見る

お気に入りのタイシルク

お気に入りのタイシルク_f0378589_17424290.jpg

前々回のブログでクローゼットを整理したことを書きましたが、その時奥の方からシルクのシャツが出てきました。
お気に入りのタイシルク_f0378589_17424233.jpg

Jim Thompson

タイに行ったことのある方ならご存知でしょう。

バンコクでタイシルクの一大ブランドとして知られるメーカーです。

2006年の冬、2週間の予定でバンコクに滞在。主にゴルフが目的だったのですが、Jim Thompsonのタイシルクに出会い、大いに魅了されました。

写真のものは紺色と紫色の合いの子の様な玉虫色。もう1着、ゴールドのシャツがあります。

他にTシャツを2枚。
お気に入りのタイシルク_f0378589_17594528.jpg

1着は黒で胸に象の柄が。この柄が大好きでヘビロテしたため、だいぶくたびれてしまいましたが捨てる気にはとてもなれません。

Jim Thompsonは人名で、アメリカのCIAのエージェントでした。

戦後、極東戦略に従事するためバンコクに滞在。その間に本業の他にタイシルクの発掘、発展、普及に貢献しました。

バンコクにはJim Thompsonのお店が何カ所かある他、中心から少し外れた住宅街の一角にアウトレットもあります。私はアウトレットで買い物をしました。彼の自宅はタイ風の素晴らしい家屋で、観光名所としても残っています。

しかし、1960年代にJimはマレーシアのカメロンハイランドにある友人宅を訪れた際にこつ然と姿を眩ましました。多方面からの捜索が行われましたが、未だどこへ行ったのか、生死さえも分かっていません。

職業柄、色々な事情があり、事件に巻き込まれた可能性もあります。そのミステリアスな人生は注目を浴び、松本清張が「熱い絹」という小説のモデルにしています。この小説もめちゃ面白いですよ。

Jim Thompsonについて詳しくはこちら

他のブランド創設者とはまったく異なったキャラクターと人生ですが、それだけに私はJim Thompsonのシルク製品が好きです。

再びバンコクに行くことがあったら、またお買い物をしたいですね。

2006年バンコク旅行で写した写真から。

お気に入りのタイシルク_f0378589_21512452.jpg
オリエンタルホテルの客室から眺めたチャオプラヤ川。手前はホテルの屋外レストランです。専用船も着岸しています。

お気に入りのタイシルク_f0378589_21531558.jpg
バンコクのゴルフ場。確か、「プレジデントGC」といって、日本人がよくプレーするコースです。

タイには近々にまた行きたいと思っています。


by koharu50 | 2017-01-06 08:00 | 愛用品 | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春