人気ブログランキング |

白洲正子のおしゃれ

白洲正子のおしゃれ_f0378589_17025715.jpg

白洲正子のおしゃれー心を磨く88の言葉」(牧山桂子著 新潮社刊)を読んだ。

言わずと知れた白洲次郎氏の夫人にして、書画骨董、絵画、着物・・・の目利きとして知られる白洲正子。

おしゃれに対しても一過言を持っており、88の名言が収められている。

主に着物だが、衣装の写真もたくさんある。
白洲正子のおしゃれ_f0378589_17025727.jpg


洋服もなかなかにおしゃれ。

白洲正子のおしゃれ_f0378589_21214594.jpg

素材がなんとなく和服っぽいけど。

響いてきた言葉としては、

「ほんとうのお洒落とは、ちょっと見には平凡で目立たないくせに、どこか人に違って見える人の事をいうのです」

「人によって好きな色はいろいろあるだろうが、日本人全体としては藍にとどめを刺すと思う」

「無地の面白さ、ーこれがおしゃれの最高です」

「どこかひとところぬけているというのが、おしゃれの原則だと私は思う」

「身につくというのは、ふだん着に着ることです。意識しないで、自然に着ることです」

あまり、抜粋するとネタバレになるのでこの辺で。

著者の牧山桂子さんは白洲正子さんのお嬢さん。

正子は牧山さんにほとんどおしゃれについては話さなかったが、本当に気に入っているものはどこで買ったの、誰が持ってきたの、ぶつぶつとつぶやいていたとか。

机上で勉強してもものは身につかないというのが正子の信条。お嬢さんにさえおしゃれの極意を教えなかったそうだ。

本書は白洲正子の著作から88のお洒落に関する極意をまとめたもの。

どこから読んでも、いつやめてもかまわない。

彼女の所蔵していた着物の写真も豊富で楽しい。



ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします。


by koharu50 | 2016-12-29 08:00 | | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き。諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春