自分のスリーサイズを知っていますか?

f0378589_21295512.jpg
皆さんはご自分のスリーサイズ、つまりバスト、ウエスト、ヒップのサイズをご存知ですか?

私は知っているつもりで何も知りませんでした。ガーン!!

もちろん、洋服を選ぶ時にはだいたいの自分のサイズを知っていますから、合いそうなものを手に取って試着するわけです。サイズが合えば購入、合わなければ買わないのが常套手段ですが、これまでは少しくらい合わなくても商品が気に入れば買っていました。

Tシャツやブラウスなど試着もせずに買うこともありました。その結果、思ったよりサイズが小さかったり、大きかったり、またTシャツなどは襟の空きが大きすぎたりして着なくなることもあったのです。

なんと愚かでもったいない話しでしょうか。

自分のスリーサイズを正確に測ろうと思ったのは人気ブロガーのmadameHこと佐藤治子さんが書いた「普通の服をはっとするほどキレイに着る」(宝島社刊)を読んだ時です。

MadameHによれば「服はジャストサイズで着るのが美しい。それにはまず自分のスリーサイズを正確に知ること」と書かれていて、フム、なるほどと思ったのですが、なかなかサイズを測れなかった。巻き尺は家にあったのですが、要は、ナマケモノだっただけです。

しかし、サイトで洋服をポチることが多いご時世において、自分のジャストサイズを知る必要性がどうしても出てきました。

それはね。上の写真のジャケットをどうしても欲しいと思ったからなんです。(写真はユニクロのサイトからお借りしましたm--m)。

しつこいですけれど、私はカリーヌ・ロワトフェルドというデザイナーがかなり好きで、ユニクロとのコラボ「ユニクロカリーヌ」の商品をよくオンラインでチェックしています。

11月中旬に発売された新作はかなりの人気で、オンラインショップでも人気の品はたちまちのうちに売り切れ。当初買わなかった商品の中で、このジャケットが気になり、どうしても欲しかった。

きっと再入荷が若干あるだろうと狙っていたところ、まずはLサイズの再入荷品が出ました。しばらくしてチェックすると今度はXLが出ていました。

どちらもすぐに売り切れてしまうだろうから両方をポチり試着して合わないほうを返却するつもりです。

こんな時にもし、自分のスリーサイズをきっちり把握していたら、注文は一度で済むかもしれません。それに、かなりタイトなデザインのジャケットなので自分のサイズを知ってジャストサイズを買うのがおしゃれですよね。

そう思って昨日の午後、鏡の前で測ってみました。

びっくり、びっくり、びっくりーぃ!!

私のスリーサイズは私が考えていたものより、かなり大きかったです。もちろん、測り方もあるかもしれませんが、これが現実です。

ちょっとがっかりもしましたが、今後洋服を選ぶ時にはすごく参考になると思いました。ダイエットももう少しシビアにやろうと決心しました。現実を知るってホント大事ですね。

さて、カリーヌのジャケット、昨日Lサイズが届いたので早速試着。着られるけれども、やっぱり少し小さいです。サイズをチェックすればなるほど納得。これは返品して、次に届くXLを着てやろうと思っています。

by koharu50 | 2016-12-13 08:00 | おしゃれ | Comments(0)

自分の好きなファッションでいつもニコニコしていたい。おしゃれの法則?それも大切にするけれど、冒険も大好き💕諦めちゃダメ、おしゃれはいくつになっても私を前向きにしてくれる。


by 小春